なみか母さんの秘密のツボ
アラブ魅惑のツボ探し
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/09/09(月)   CATEGORY: 未分類
アラブの香油とインド人スリー君
こんばんは、なみか母さんです

アラブはドバイ・アブダビに行って来ました。

今回は、香油道の為のアラブの香油を手に入れにいきました。

さて、アラブ紀行第1夜目…


ドバイ窓の外
ホテルの窓から見えた風景
部屋
今回のホテルはローズ レイハン バイ ロタナ ホテル



今日は今回の通訳にもなってくれた、インド人のスリーくんのお話


今回のドバイ行き、縁あってスリーくんというインド人とお友達になり、通訳をしてもらえることになりました。

香油のお店を紹介していただき、プライスダウンの交渉までも、至れり尽くせりなスリーくん。

彼は、自分自身の事を半分日本人だといいます。

日本が大好きです6年日本にすんでいました。

日本語がわかるので、スリーくんといる時はもちろん日本語。

日本語を話すのが大好きな彼は、よく喋る。


そして、私の事をサムライ見たいだと言う。

なんぇやねん!!と突っ込みたくなるところを、抑え、あえて、

「どうして、私がサムライなの?」
と尋ねると、

「なんか…そんな感じ」
としか返ってこなかった。

外人にしちゃ、あやふやなグレーゾーンの答えだなぁ…

なんだかスリーは日本人みたい(笑)と思う なみか母さん。



スリーくんとお昼に待ち合わせをして、ランチへ。


なみか
ドバイのカラマにあるインド人に人気のレストラン

すりー
スリー君

インド人のレストランへ。

ここはお客さんも従業員もオールインド人だらけ。

ドバイはインド人が多くて、カラマという地域は特にインド人だらけ。

カラマで1番人気のあるお店に行った。南のインドの料理のお店に連れていってもらった。

インドは、北と南では味が違うらしい。

スリーくんはインドの南出身。

彼は、36歳で独身。

心から日本の彼女が欲しくて、日本人と結婚して日本に住むのが夢らしい。

「本当にマジメな話。日本人と結婚したいんです。誰かいたら紹介して欲しい」

「心がけとく…」そう答えたなみか母さん。

だれか立候補がいればご一報を!!

スリーくんの成功を祈る!!




インド料理のこのお店は、さすがインド人、皆、さ右手てご飯を食べている。

私は、アラブで、インド人のお店にフラリと一人で入った事は何度かあるけれど、

インド人はスプーンを持って来てくれるので、まだ手で食べた事はなかった。

手で食べることに初挑戦!!

手でご飯をたべるのは、日本人にはとても抵抗があるけれど、

インドのお店では、スプーンを使って食べる方が違和感があるような雰囲気。

さすがに慣れていないので、手でご飯は食べにくい。しかし、皆器用に食べている。



カレーみたいなスープや、ヨーグルトソースをスパイシーなご飯⁉にかけて手で混ぜて食べる。

ご飯がスパイシーなので、指が逆剥けしてると、チョット痛い。


手で食べているとだんだんと慣れてる。左手は不浄な手とされているので、オール右手で食べる。

左利きにはチョットしんどい。


ランチの後パフュームショップへ香油を買いにGo!!

香油
インド人オーナー旦那さんも奥さんも美男美女!!


ショップは昼間は暑いのでお休み

朝10時から1時までと、夕方5時から12時までが、パフュームショップのオープンの時間。


5時からみっちり、11時まで、パフュームを選らぶ。

スリー君はインドの言葉と英語と日本語と少しアラブ語がしゃべれる。

今回通訳と値段交渉をしてくださり、なみか母さん大助かり!!

皆様に良い香油をお届けできます!!



そして、その後スリーくんの従兄弟カバちゃんと会い、

カバちゃんの車でディナーを食べに行った。

すりーとかばちゃん
カバちゃんとスリー君
かばちゃん
こんな食べ物が!!


インド料理のディナーを、また手で食べる。

手で食べるのもだんだんといたについてきた…

インドチャイ
食後のチャイ

インドコーヒー
インドのコーヒー

おこのみやき?
お好み焼きみたいなピザいたいな食べ物

ドバイ1日目はスリーくん大活躍で、なみか母さん半分インド人になった気分でご満悦でした

つづく…

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © なみか母さんの秘密のツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。