なみか母さんの秘密のツボ
アラブ魅惑のツボ探し
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/08/07(水)   CATEGORY: 未分類
女性ホルモン!!!???
こんばんはなみか母さんです


大好評いただいたあげまんオイル&残りも耳ツボシールTRICOあとわずかになりました。

皆様、ありがとうございました写真 (4)


「あげまんオイル」は耳の後ろに塗り込むと女性のホルモン分泌を促してくれます。
蜀咏悄+(2)_convert_20130807020252


では、一体、女性ホルモンとは何でしょう?



~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~

まず、女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。


女性らしい体つきなどへの影響が大きいエストロゲンを特に指して女性ホルモンと呼ぶようです。


「エストロゲン」が豊かなバストやヒップなど、丸みのあるラインをつくるらしいですよ~



この女性ホルモンと肥満との関係性とはエストロゲンが減ると、満腹ホルモンである「レプチン」が減って、

空腹ホルモンである「グレリン」が増え、食欲がアップする。

「レプチン」の働きが低下して内臓脂肪が燃えにくくなることがわかっています。


~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~





ふむふむ…そういう仕組みなのですね…




あ!なになに???


肥満の原因は女子力不足!?

女性ホルモン低下で太ることが判明ですと!?

えええ~~~!!!

なみか母さん「最近ちょっと体重が…」

花ら「やばいですよ!その腕!!」


なみか母さん「え、あの…夏に負けないようにね

       栄養つけとかないとね…って!」


花ら「栄養つけすぎです!!母さん!!」



花ら「それより、女子力不足~!!!!!!?に気を付けなくては!!あげまんオイル塗っておいてください!」

なみか母さん「へい」





では、女性ホルモンを分泌してあげまん女性になるには!?

あげまんオイルを塗り

そして、その他こういうことに気を付けてみてください



~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~

★趣味や恋などに没頭すること!!


視床下部が良い意味で刺激され(活動が活発になる)、女性ホルモンの分泌量を増やすようです。


★脳を常にいい状態に保つようにする!!


ホルモンが分泌される場所(脳など)は、ストレスにとても左右されやすいことから、できるだけストレスを溜めない生活を送ることも大切です。

ストレスはホルモンの大敵です。 基本的には、何よりもバランスの取れた食事、規則正しい生活、睡眠(0時前に眠るようにする)を心がけるようにするのが大事です。


普段の生活が何より大事なのです。


食事としては、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンが豊富な大豆を効果的に摂取するのも有効。



★運動をする


血行を促進させ、冷え対策にもなります。体を温めることも女性ホルモン正常化作用があります。





女性ホルモンをアップさせる食事をピックアップ


■カボチャ

カボチャにはビタミンEが豊富。ビタミンEには脳下垂体や卵巣にはたらきかけ、ホルモンの分泌をコントロールする役割があります。

ビタミンEは抗酸化作用があることでも知られています。

ビタミンEが不足すると、老化の原因である活性酸素が増え、肌トラブルや生活習慣病などを招くので、積極的に摂る必要があります。


■卵

卵は良質なコレステロールを含む食材。

良質なコレステロールは、女性ホルモンの材料になります。

卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養素をすべて含むため、“完全食”とも呼ばれています。



■大豆食品


豆腐や味噌などの大豆食品は、イソフラボンで有名です。

イソフラボンは女性ホルモンの1つ、エストロゲンに似た性質があります。

エストロゲンを摂りすぎると、乳がんや子宮体がんのリスクを高めますが、食事で補う分には余程の大量摂取をしない限り問題はありません。

大豆食品には、イソフラボンだけでなく、女性ホルモンの代謝とバランスを整えるはたらきがあるビタミンB6も豊富。

毎日お味噌汁を飲むことを習慣にすれば、継続して摂取することができます。



■キャベツ

今が旬のキャベツにも、女性ホルモンを活性化させるボロンという成分が含まれています。

「キャベツでバストアップできる!」といわれていたのは、ボロンのはたらきに注目したものかもしれません。

キャベツにはホルモンバランスを調整したり、解毒作用もあり食物繊維も豊富。


■ナッツ類

「間食するならコレ!ミスユニバースが選ぶ“痩せる食べ物”3つ」でも紹介されています。

ナッツは今や美女のおやつとして定着しつつありますよね。ナッツはダイエットや美肌効果だけでなく、女性ホルモンのバランスを整える作用もあります。

さらにナッツに含まれるオメガ3系の脂肪酸には、イライラを改善する効果も。

ホルモンの分泌を司る脳下垂体はストレスに敏感なので、ナッツでストレス対策をするとよいでしょう。ぜひナッツを毎日のおやつにしてみてください。

~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~★~~~



■そして!!今、花らいおんちゃんが飲んでいる


 フィンランド産無添加無農薬の「リネンシード!!」



これが

太古のDNAを蘇らせる!!

おおもとの自然治癒力を高める!!

そして、

女性のホルモンアップ!!

若返り!!

婦人科系に良いという!!




内容てんこ盛りな「リネンシード」フィンランドでシェリフとイイダから教えていただいた秘密のレシピとは!?

私も毎日飲んでいます。結構やみつきに…

蜀咏悄+(10)_convert_20130807202005
フィンランドの大地の恵みいっぱいのリネンシード


*詳しくは、花らいおんちゃんのブログに近日秘密のレシピが載ります。
販売は、お取り寄せが成功してからになります。



なみか母さんも女子力アップ!!女性ホルモンたっぷりでがんばりま~す!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © なみか母さんの秘密のツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。