なみか母さんの秘密のツボ
アラブ魅惑のツボ探し
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/11/04(日)   CATEGORY: 未分類
本格的アラブ世界(オマーンにて)


~オマーンの路地裏~



アラブの官能的な香りで、美しく、神秘的なマインドをもつ女性をたくさん創っていきたいなみか母さんです。




オマーンの首都マスカットに到着したなみか母さん

オマーンのVISAはオマーンに到着してから取得できるらしい。

取得できない人はとんぼがえりなのかな!?と思いつつVISAの列に並んでみた。

日本円で約5000円位を支払うとVISAがとれるらしい。オマーンの通貨はRO(リアルオマーン)1ROが約200円ちょっと位

私はROの札を何枚か握りしめて順番を待った。


日本人が来るのは珍しいみたいで、いろいろ聞かれた。

フランキンセンスを探しに来たというのはどう言えばいいのか???

と考えているうちうに、

「日本人?一人?友達に会いに来たんだね!!」

となぜかフレンドリーなVISA発行人のオマーン人。とりあえず、友達がいるわけではないが、


「YES」


と答えてみた。

「そうか!!楽しんできておくれ!VISAのお金はいらないよ!!」

え!?いらないんですか???いいんですか?

「この子は日本から一人で来たらしい!通してあげてくれ!」

とパスポートをチエックする人に声をかけてくれ、なぜか、私はVISA代金なしでオマーンに出れたのです。


オマーン空港に出ると、なんと、白い服を着たオマーンの人々がたくさんいました。ここはイスラム教色のかなり

強い国。

本格的アラブ世界です。

きっと日本人(東洋人)は珍しいのか、一同 凝視…かなり目でジーっと見られました。


おなかがすいたので腹ごしらえ。。。

オマーンの食事・空港にて

なんだかインド料理みたい。


そして、私はタクシーに乗りマスカットにあるマトラスークへと向かいました。

(スークとは市場のこと)

市場は1時~4時まではほとんどの店が閉まっています。美術館などの公共施設も閉まっています。

昼間は暑いからでしょうね。

開いているカフェでお茶をしながら夕方までスーク(市場)が開くのを待ちました。

夕方4時、買い物スタート!!フランキンセンスが売っているお店を片っ端から探し値段リサーチ!!

そして、1件のあるお店に目を奪われました。


フランキンセンスなんと!が山積み!!

フランキンセンス 山積み


私の直感が、「ここだ!!」といったので、そのお店に入ってみました。

ここで、私は偶然にも素晴らしい出会いをしたのです…そうです、花らいおんちゃんのサーミの水にまつわるKYE MANに出会うのです。。。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © なみか母さんの秘密のツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。