なみか母さんの秘密のツボ
アラブ魅惑のツボ探し
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/01/23(水)   CATEGORY: 未分類
サラーラ(オマーン)アラビア旅行記4
こんばんは、なみか母さんです。アラビア旅行記第4夜。

今日はオマーンのサラーラでの出来事です


サラーラ、の2日目
街に出ようと思いタクシーを探した。
しかし、ホテルが街から離れているのか、なかなかタクシーがない

主要道路に出ればタクシーがあるにちがいないと思って大きな道路に出た。

しかし、なかなかタクシーが来ない。


困ったぞ~と思った時に、一台のバスが止まった

ここは、バスのルートなのか!ラッキーと思い値段を聞けば2RO(480円くらい)だというので、公共市場まで行きたいと言ったところ

連れて行ってくれた

バス




この後も行きたいところに連れて行ってくれるというので、これはルートバスではなく、おそらく私の察するところ、
工事現場の送り迎えの合間のバス!!

貸切のバスでフリーに動けるのも怪しいので、とりあえず公共市場まで送ってもらい、その後は違うタクシーを使うことにした。

公共市場公共市場
公共市場1市場の野菜



オマーンのタクシーは一応、決まった料金があるようだが、交渉できる。

メーターはついていないので、高いのか安いのかよくわからない

オマーンの国はオマーン人の運転手さんしかいない

そう、タクシー運転手はオマーンの人しかなれないそうです

空港からホテルまでは規定があるらしく割高になる。7RO(約1680円)でホテルまで行ける。

しかし、ホテルから空港までは近いのに7RO(約1680円)

そして、ホテルから街にでるまで2RO(約480円)

ホテルから街の方が遠いのに…

タクシーは半日貸切で30~35RO(7200円~8400円)

1日貸切で50RO(12000円

…だそうで、観光案内もしてくれます。

なみか母さんは30ROでフランキンセンスの木と乳香博物館を見に行きたいとリクエストしました。


タクシーの運転手のモハメッドさんは、1000年前からずっとそこにあると言われているフランキンセンスを見に連れて行ってくれました。

フランキンセンスの木
タクシードライバーモハメッドさんの案内でフランキンセンスの木まで

フランキンセンス樹脂フランキンセンスの樹脂



荒野で1000年以上も前からあるというフランキンセンスを見た後、
タクシー運転手のモハメッドさんは、乳香博物館とアル・バリアードを見に連れて行ってくれました。


これは、若いフランキンセンスの木の実と花
フランキンセンスの実2これがフランキンセンスの実
フランキンセンスの花これがフランキンセンスの花
可愛らしい白い花です


フランキンセンスの木4フランキンセンスの若い木




アル・バリアード遺跡
世界遺産のアル・バリード遺跡

サラーラの東に「乳香(フランキンセンス)の道」として世界遺産に登録されている港湾都市の跡。モンスーンの影響で波に飲まれた街らしいです。


石柱やコーランの石碑などが転がっておりました。

コーラン
アルバリード遺跡2



なみか母さん、遺跡の雄大さに感激し、乳香博物館では、オマーンの歴史を堪能したのでした。
遺跡と乳香博物館のあいだには若いフランキンセンスの木が植えられています。



今回の旅行で一番の感動は荒野のフランキンセンスの木でした。

タクシー運転手のモハメッドさんが行った言葉、

「私の小さい頃から、あの木は あのままの形なんだ…」


その言葉にも歴史を感じたなみか母さんでした。

さようならフランキンセンスの木…
またいつか逢える日まで!!フランキンセンスの木3
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © なみか母さんの秘密のツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。