なみか母さんの秘密のツボ
アラブ魅惑のツボ探し
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
フランキンセンスの癌への作用についての覚書
こんばんは、なみか母さんです

最近はお茶の開発の為

毎日何杯ものフランキンセンスを使ったお茶を飲んでいます

IMG_1715.jpg


「PAKURI & FRANKINCENSE TEA (パクリ&フランキンセンスティー)」

のお茶はティーバックに入れて

お手軽に飲みやすくなり再販しています

IMG_1655_convert_20150206020941.jpg


もうすぐフィンランドから白樺茶が届くので

IMG_1714_convert_20150211043452.jpg
白樺茶(フィンランド語でコイブと言います)

「koivu&FRANKINCENSE TEA (コイブ&フランキンセンスティー)」のお茶も出来ます

ここ最近は先だって届いた白樺茶試飲のマイブームで

デトックス作用の凄さに驚きのなみか母さんです

お通じや利尿効果がとても良くなり

びっくりです!!(@_@)

今日は白樺茶&フランキンセンスにミルラを入れて挑戦

ミルラ入れ過ぎてミルラの香りのお茶になりました(^-^;

下腹部が温かく重厚感があります

この後どうなるのか!?


さて、今宵は

フランキンセンスの覚書と題して!!



なみか母さん

夜な夜なフランキンセンスについて調べているのですが


最近、ご家族や大切な方が癌を患っているのので

フランキンセンスを検索していて

なみか母さんのブログやインセンスアラビアンナイトの販売ページにたどり着いて

くださった方が多くなってきました



雑誌などで取り上げてくださったことで

ご縁を頂いた方もいらっしゃり

フランキンセンスについてのご質問をいただくようになりました


フランキンセンスについての専門知識をインターネットで

検索しながら拾い集めています



その内容を一部ご紹介いたします


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


免疫学車Mahomoud Suhailはフランキンセンスの歴史の新しい幕開けをのぞんでいる

この科学者は、癌の拡散を停止し、フランキンセンスの成分にいくつかの薬剤が存在することを観察している

細胞内のかく内のDNAコードがア破損したたとき癌が起動すると彼は言う

フランキンセンスはDNAの再設定機能を備えていると言う

フランキンセンスはがん細胞の頭脳に分離細胞物質を、それが破損したDNAコードの再生を停止する核を投下

フランキンセンスは癌の治療に革命をもたらす可能性があります

現在、科学治療と医師は癌を殺すために腫瘍の周囲を破壊

それはまた、健康な細胞殺し、そして患者を弱らせます

フランキンセンス単独での処置は癌細胞を根絶すると言います


~フランキンセンスの歴史と風景~

フランキンセンスの里オマーンのサラーラは

マスカットから約9時間から11時間のドライブでたどり着きます


オマーンのは、サラーラのドファール地方は

モンスーンの影響を受け、アラビア半島で最も緑豊かな場所です

暖かい冬とにわか雨の夏はランキンセンスの樹液を作り出すのに最適な条件です


歴史は紀元前7000年前からフランキンセンスがここで生産されています

樹液を集めるには1段階、2段階、3段階があり

3段階目で採取されるフランキンセンスは白っぽい黄色身帯びた樹脂 または、緑みを帯びています


フランキンセンスの歴史はエジプトへそこからヨーロッパへラクダによって運ばれました

そして港からペルシャや、インド、中国に出荷されました



聖書のマタイの福音書によると東方の3賢者が幼いイエスへの贈り物とし

フランキンセンス、ミルラ、黄金を捧げました



オマーンのフランキンセンスの貿易は3世紀前、ポルトガルと海航路支配で戦ったときに衰退しました。

近年、オマーンのフランキンセンスは有名で価値あるものとされ世に出ています

しかし、実際 安価なソマリアの品種を大量に購入するバルクバイヤーもいるため、

オマーンにも部分的にその手の品種があるといいます

若い世代は石油会社で高給の仕事があるので、

実際フランキンセンスを採取する人材不足となっているのが現状らしいです


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


免疫学者やアロマの学者がフランキンセンスの癌治療の可能性に目を向け、近年は研究されています

9千年前から、オマーン人はフランキンセンスを焚き、治療や浄化に使っていました

なみか母さん、成分のみならず、煙というものも、人間の治療にとって役立つのではないか!?と思うのです

もちろん、癌だけでなく

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

フランキンセンスの作用は、抗炎症、抗腫瘍、免疫刺激剤、抗うつ薬、及び筋弛緩が挙げられます。

これは大脳辺縁系と同様に視床下部、松果体と下垂体腺を刺激するからです

抗ウイルス、抗酸化剤、抗真菌剤、抗菌剤、防腐剤、去痰などにも作用します


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


フランキンセンスは同時にリラックスして活性化させるという能力を持っています

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


オクラホマ州の大学で行われた最近の研究では

*フランキンセンスは、周囲の組織を傷つける事なく膀胱癌細胞を死滅させることを示した



2000年に行われた中国の研究では

*フランキンセンスが抗発癌性及び抗腫瘍活性に有効で

白血病や脳腫瘍に苦しむ人々の悪性細胞を阻害したという研究発表もある




ネバダ大学の癌研究所は

*「72%の非癌細胞の増殖があった」

フランキンセンスは子宮頸がんを治療との研究報告がある




ダラスのベイラー大学医療センターでも

*乳癌また、他の機関では、皮膚癌、肝臓癌、リンパ癌の細胞を死滅された事が明らかになっています




イギリスのレスター大学の研究結果では

*末期の卵巣癌の患者にフランキンセンスが副作用無く癌細胞を死滅させる事も明らかになりました


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

インターネット上で流れている情報は沢山あり

その中での抜粋なのでご参考に




フランキンセンスは神への供物とされ

とても不思議な樹脂だと感じています

研究だけでは語りつくせないこともあるでしょうし

まだまだこれからフランキンセンスについては研究されると思います

実際にフランキンセンスの芳香における痴呆症の改善の研究も日本でされています


最近のなみか母さんのテーマは

フランキンセンス飴にいかにフランキンセンスの含有量を増やそうか…

と考えています




さて、ご購入者様からのご質問に回答


(ご質問)フランキンセンス(デカル)は、食用として摂取しても大丈夫でしょうか?
(現地ではガムのように用いられると記述がありましたので…)
また、なみか様は噛んだことがありますか?



もちろん大丈夫です。現地ではガムのように食したり水に溶かして飲んだりします

その中でもデカルは、食用・薬用と現地では言われるだけあって、風味がとても良いです

ただ、デカルはかなり歯にくっつくので

1度だべると歯にくっついて1日中、口の中がフランキンセンス風味!?

になります

歯ブラシで歯を磨くと、歯ブラシにくっついて歯ブラシが大変なことになってしまいます

直接食べても大丈夫です(歯に詰め物がある時や義歯のかたはお気をつけくださいませ)

私は今まで毎回

現地で買って来たフランキンセンスをすべての種類を食べてみるのですが

溶けてしまうものと

樹脂がそれこそガムのように残るものがありました

今回販売しているフランキンセンス(デカル)は風味が良いので大好きなのですが

粘つきもかなりあります

よかったらお気をつけて 試してみてくださいませ


(ご質問)なみか様は飴・蜂蜜の他にどのような方法でフランキンセンスを摂取していらっしゃいますか?

皮膚から吸収させるのにマッサージオイルにフランキンセンスを混ぜたり

シャンプー・リンスに1粒加えていたり

石鹸や、バスマッサージソルト、真珠の館の姫君など

インセンスアラビアンナイトの商品にはほとんどフランキンセンスが入っているのでそれを使っています

アラビアンチャコールの上でフランキンセンスを焚いたりして

煙を浴びるフランキンセンスの煙浴(アロマ効果もあります)

あと、最近はお茶での摂取ですね。

フランキンセンスを粉に砕いていろんなものに混ぜてどれが美味しいか試して います


お茶は「PAKURI&FRANKINCENSE TEA(パクリ&フランキンセンスティー)」(発売中)ともうすぐ発売予定の

「koivu&FRANKINCENSE TEA (コイブ&フランキンセンスティー)」がもうすぐ発売されます。

コイブとは白樺茶のことです。

あと、

癌には、フランキンセンスを4グラムと少しを毎日摂取した人に改善の効果が見られた記事を以前読んだことがあります

医学者ではないので、その情報が確かな物かはわかりませんがご参考まで


フランキンセンスは免疫力を高めるのにとても良いのと、なんといっても気分がかるくなります

浄化力がとてもいいので、香りを嗅ぐだけでも落ち着きます(*^-^*)


お肌に関してのフランキンセンスの作用も記述したいところですが

またの機会に!!


そして次回はマイブーム白樺茶(コイブ)について語ります





スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます
| | 2015/02/11(水) 13:19 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
なみか母さん | URL | 2015/02/20(金) 04:04 [編集]
敦子様

こんばんは、いつもありがとうございます。コメントを頂くたびに、嬉しく思い 「頑張ろう」と思うエネルギーが湧いてきます。

フランキンセンスはじめ、自然界には人間にとって良いものがたくさんある…と思う今日この頃です。

そして、敦子さんのお母様のお話をお聞きして、もっと早くにフランキンセンスを日本に運んでこれたら良かったのに…と思いました。

フランキンセンスの癌治療はまだまだ研究中ですが、事例もたくさん出ており、この日本にフランキンセンスが必要な樹脂で、運び役をさせていただいてるんだなぁ…と思うことが時々あります。

日本では、年々鬱の人も増えてきているので、フランキンセンスは鬱にとっても必要な樹脂だと確信しております。

最近は、フランキンセンスで気分が改善される方もいらっしゃり、結果が出ると嬉しく思う今日この頃です。

まだまだ勉強、研究中ですが、事例を元にフランキンセンスを追っていきたいと思っています。

敦子さんの暖かい応援が、とても心のささえになっています。これからもよろしくお付き合いくださいませ(*^^*)






> なみかさん
> コメントのお返事有難う御座います!なみかさんのブログをいつも楽しみにしているのですが、コメントのお返事も同じ位楽しみにしています♪
> 私もなみかさんと同じく世界が平和になりますように…心から祈っています。
> 蜂蜜の美味しい戴き方も有難う御座います☆色々試してみたいと思います(^^)
>
> フランキンセンスが癌に効く…凄いですね!実は私の母も6年前に癌で亡くなりました。余命半年と言われ愕然としました。その時の私は無知で、ただ看病しながら祈る事しか出来ませんでした。月日が流れこうしてフランキンセンスという素晴らしい、そして、不思議な樹脂と出会う事が出来ました。それも、わざわざ現地まで足を運び、世の中の方の為に色々考え提供して下さっている、なみかさん圭花さんのお陰です♪6年前に知っていたら…なんて思う事もありますが、今知る事が出来た事を大事に思い感謝したいと思っています。
> 色んな方がなみかさんのフランキンセンスで元気になれるといいですね(^^)
> なんか、前回と今回は真面目に書いちゃいましたが~またブログ楽しみにしてますね♪
> さ、今から蜂蜜入れてお茶しま~す(^^)
> ではでは、失礼しました!
管理人のみ閲覧できます
| | 2015/08/29(土) 22:26 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © なみか母さんの秘密のツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。