なみか母さんの秘密のツボ
アラブ魅惑のツボ探し
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/11/17(月)   CATEGORY: アラブ旅行記
サラーラのフランキンセンスに会いに!!~アラブ紀行その6~
こんばんは、なみか母さんです

これはオマーンの地図
IMG_0929_convert_20141117004448.png
このようにオマーンの首都マスカットよりサラーラという地まで1000キロ

青い線の所を車で走り たどり着きました



さて、オマーンのサラーラはフランキンセンスの郷です

フランキンセンスの樹脂は

学名はカンラン科のボスゥエリアという名前の樹からとれます

フランキンセンスの樹の種類はいくつかあり

オマーンはその中でも最高級のフランキンセンスが採れます

オマーンのフランキンセンスはボスゥエリア サクラ という種類なのです



その中でデカルと呼ばれる樹脂のタイプ
(食用・薬用・薫香用)
IMG_0885.jpg
緑味をおびたこの樹脂はそれはそれは香りが良く

今回インセンスアラビアンナイトで販売しているものは

採れたてほやほやの新鮮なもの

薫香にして焚くとそれはとても良い香なのです!!



この樹脂はとても歴史が古く

キリスト生誕時に東方の三賢者がキリストへの捧げものをした中に

フランキンセンスがあったと聖書に書かれています

サラーラでは、ラクダの物語があって、主人公はラクダ

IMG_0854.jpg


そのラクダ達が三人の博士を乗せて

偉大な赤子が産まれた時に会いに行ったお話が残っているらしいです

そして、サラーラのフランキンセンスを捧げたお話

それが、いわゆるキリスト様なのでしょうが

ラクダが主人公で

なかなかラクダ目線の面白い話しです



今回はフランキンセンスの樹を見に行った時の映像

まずは、連れて行ってもらったところは植林地帯

フェンスが張られて中には入れなかったのですが、かなり広大な敷地にフランキンセンスの樹がたくさんありました
FullSizeRender (9)
看板にはフランキンセンスと書かれているようです
FullSizeRender (10)
フランキンセンスの樹 若い樹です







なみか母さんどうしても

「自然に生えているフランキンセンスが見たい!!」


とマソウッドにお願いをしたところ

マソウッドが車に乗って走ってた方に わざわざ聞いてくれました

すると!!

その方が「フランキンセンスの樹が自然に生えている所を知ってるから
案内するからついて来て!」


と快く案内を引き受けてくださいました




なんとラッキーな事に

この日

植林したフランキンセンスと自然に生えたフランキンセンスの樹を

両方見ることができました!!




車の中では、オマーン人がどれだけ親切か!

という説明を刻々とマソウッドから聞かされた、なみか母さん

確かにオマーンの人々は親切な人が多いです

アラブというと怖いイメージがありますが、オマーンはいたって平和

サラーラは美しくのんびりと時間が流れる所でした


FullSizeRender (12)
フランキンセンスの谷
IMG_0842.jpg
自然の中のフランキンセンス
FullSizeRender (11)
樹脂を樹から少し採って食べてみました
お…美味しい…(*^-^*)


これがフランキンセンスの谷の映像

本当に美しい光のある場所でした

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © なみか母さんの秘密のツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。