なみか母さんの秘密のツボ
アラブ魅惑のツボ探し
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/11/11(火)   CATEGORY: アラブ旅行記
オマーンの旅2014 マスカットでの様子 ~アラブ紀行其の3~
こんばんは、なみか母さんです

さて、なみか母さんはドバイ(アラブ首長国連邦)を発ち

お隣の国のオマーンへ



今回のオマーンは地元密着型の旅になったのです

それは、きっとツアーで組まれている快適な旅とは別ですが

とても貴重な体験をさせてもらいました



まず、行く店は地元の人々が行く場所でなみか母さんも常にご飯を手で食べました

皆が手で食べている中で,手で食べることがとても自然体…

オマーン料理

庶民のレストランのファミリールームはこんな感じ

個室になってます

(後ほどビデオの中にもあります)


床に座って食べました料理も地面に置きます

(ちなみにテーブル席もあります)

食堂


もちろん旅行者が多いところは別ですが




オマーンの地元の人が言うに

「お箸の話をきいたことがある。食べにくいだろう」

と…


こられがまた、案外手で食べるのは慣れるまで難しい

時間がたつと手がふやけてくるし

しかし、手で食べることは

なんだか普段は出来ないので楽しい🎵


オマーン人と話した中で

日本人はアジア人で中国、韓国、フィリピンと見分けがつかないと言われた

特になみか母さんはフィリピン人と間違われることが多く次いで中国人



日本人は特に珍しく

何処からきた?の質問に

「日本から」というと

すごく珍しがられる



今回はオマーンの首都マスカットからフランキンセンスの里サラーラまで約1000キロの車の旅

P1030793_convert_20141112011250 - コピー


前回 お世話になったタクシードライバーのマソウッドとオマーンの中央を車で走り抜けた

なみか母さんは直進の部分を半分担当

ほとんど車が無いので安心

砂漠の中に1本道があるような場所を走った

P1030785_convert_20141112011746.jpg


けれど、左ハンドルで右車線を走る為、日本と状況が全く逆

気を抜くと右へ右へとズレていく


そして、ガソリンを入れた後に道路に出ると間違えで左車線を走ろうとしてしまったり…

とにかくなれるまでに少し違和感がある


指示器だって日本は右だけれど外車は左なので

指示器を間違えでワイパー(右はワイパー)を動かしてしまう事が多々

これは、町の中は危ない…ということで直進の危なくない所を担当


ひたすら直進


トラックが多くトラックを追い越すのに注意を払う

トラックが多いのは油田がある関係もあるようだ


地平線は砂漠

ひたすら砂地の真ん中に道路がある

街に近づくと木が少し多くなってくる

いくつかの街はやはり木が育つようなところ(オアシス)で発展するのだなぁ…

と思う



三角の標識の中にラクダが描かれてあったり

これはラクダに注意ということなんだなぁ…と思う



サラーラでは道路に突然ラクダがいたりしたが

行く道中はラクダには出会わなかった

フィンランドではトナカイ注意の標識があったなぁ…と思い出す

道の中央にトナカイが突然現れたりする

アラブではラクダバージョン


ラクダは茶色だと思っていたら、サラーラでは黒いラクダも発見


アラブでは、ラクダレースもテレビでやっている

日本の競馬みたいなものでなかなか面白い


国は違えども同じような文化があるんだなぁ~と思う

(ちなみにフィンランドはトナカイレースだった)



さて、なみか母さんオマーンのマスカットからフランキンセンスの郷サラーラ

向かう道中のビデオをブログと共にアップしていきますので

お楽しみください♪

さて本日は


首都マスカットでの様子










スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © なみか母さんの秘密のツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。