なみか母さんの秘密のツボ
アラブ魅惑のツボ探し
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/01/15(水)   CATEGORY: 未分類
オマーンエアのパイロット!?
こんばんは、なみか母さんです

本日もお越しくださりありがとうございます!!

さて、今宵はオマーンでの偶然の出会い

謎の男 カーンの登場




オマーンで仕入れをした物を荷造りした

これを郵便局か宅急便で日本に送る

送料がいくらかわからないので、とりあえず2箱

もらったダンボールは小さいのと大きいの

2つの荷物をホテルの下まで運びタクシーを探すことに

ホテルのフロントで聞くと、カルゴ(むこうでいう宅急便)

の方が安いという



とにかく、荷物の発送料金について尋ねると

郵便局の方が安いとか

郵便局とカルゴは同じくらいだとか

カルゴの方が安いとか…


みんな意見がバラバラ…

(*_*)



大きな段ボールはかなり重く持ち上げるのに精一杯

ホテルのフロントから引きずりながら外に出していると

外の階段をを降ろしている時

一人のオマーン男性が困ったのを見てたすけてくれた



とにかく、この荷物を日本に送りたいというと

「僕は、オマーンエアのパイロットだから、空港で送れるから乗せて行ってあげよう!」

と言ってくれた


彼の名は通称カーン

カーンは、風邪を引いていてしまい

これから空港内のスタッフが利用する病院に行くという


ちょうどよかったので、お金を払うので乗せてって下さいと言って空港へ



このカーン、風邪をひいてて頭が痛いのに、ハイテンション

この人は本当にオマーンエアのパイロットか!?




風体がどうもパイロットぽくない…

まあ、休日だからかな?

もしくは、パイロットというのはジョーク!?と思いつつ

空港に到着


まずスタッフ専用の病院に

中に一緒について行き診察風景を見る

なかなか出来ない体験だ

ふむふむ空港内の病院はこんな感じなんだ…


写真を撮りたけれど、人が病気なので、非常だろうがら自粛…




そして、空港内のカルゴ(宅配便)へ

大きな荷物が沢山、山積みになっている

カーンは「任せろ!」と手続きを行ってくれた

080_convert_20140116030135.jpg
日本へ向かうなみか母さんの荷物

しかし、カーンは会う人会う人と挨拶をしハグをする

かなりカーンは友達の多い模様…


パスポートのコピーがいるといえば、事務所に入って行きコピーをとってくる



もしかして、本当にパイロットか!?


かなり陽気なパイロットだな…

(-_-)




しかし、こんな落ち着きのないカーンの操縦する飛行機には乗りたくないぞ…

と思うなみか母さんでありました



そして、荷物を送るのにかなり時間がかかり、その間にいろんな話をする


「僕はレストランに投資したが、今はクローズした」

どうやら、パイロットではないようだ…


とりあえず


「パイロットとレストランをしているのか?」


と聞いた。今はパイロットだけだという


これも半信半疑…


とにかく、空港内には詳しく

「スリランカとサラーラには招待チケットを6回分あるから、いつでも一緒に行けるよ!」

と言う

んー

ますます怪しい…

そして、初めて会ったのに行きなり招待チケットはないぞ!!

しかも、何も言って無いのに私の行きたいところのチケットではないか!!


「アパートメントを友達が持っているから、言ってくれれば200ドルで1ヶ月泊まれるよ!」という


美味しい話ではないか!!



しかし、なみか母さん、美味しい話はまず乗らない


乗ったら美味しいためしが無い


そして


「時間があるから友達のフィシングを見に行こう!」


と誘ってくれた。


荷物を送ってしまえば用がないので、行くことにした


しかし、かなり咳き込んでいるので


「帰って寝れば!?」

というと


「大丈夫!!」



大丈夫ではなさそうだ…

しかし大丈夫だというので

海岸へ行った

そこでは、少年達が漁をしていた

085_convert_20140116030350.jpg
カーンと少年


なみか母さんは釣竿で魚を釣っているイメージをしていたが

なんと

船で網を使っての漁


ちょうど魚を獲って帰ってきたところだった

089_convert_20140116030722.jpg
獲った魚を見せてくれた


海岸を見て、お腹が空いたので、ご飯を食べに行った


ビリヤー二 インド人のお店で1リアルオマーンで食べられる(約300円足らず)しかも量が多い

101_convert_20140116030859.jpg

102_convert_20140116031046.jpg
量が多い

ビリヤー二は美味しくて大好きな一品だ。オマーンでも通常は手でたべるので、皆に合わせて手で食べた。

日本で外人がいきなり手で食べたら違和感があるとおもうけれど、

手で食べる国でいきなり箸やスプーンで食べたら地元の人は違和感があるに違いないと思い

なみか母さんは極力地元民に合わせることに徹している


手で食べることの難点は

食べている途中で指がふやけてくる


そう、お風呂に長くはいったらふやけてくるみたいに…

だから、手がふやけるまでに食べ終わりたいところなのだけれど

モタモタ食べていると必ず手がふやける



そして、夕方5時からフイッシュマーケットが始まるから見に行こうということになった


ところが、レストラン前の皆が集まる休憩広場みたいなところからカーンは離れず、皆と話をしている。


そのうち、広場にブルーシートをおじいさんが敷いて


いきなり

魚を

ドバーッとブルーシートにぶちまけた

107_convert_20140116031229.jpg




そうしてるうちに

子供たちがトラックでやってきてまたまたシートを敷き

ドバーッと魚をぶちまけた



子供たちは魚を並べ始めたので

あ!もしかして!ここで市場が開かれるのか!?

と思っていると、次々シートを適当に敷き魚を並べる人々が…



そして人が続々やって来て、ミニ市場が始まった

112_convert_20140116031928.jpg



先ほど漁に出ていた子供たちも到着し、魚を並べる



ああ…この国って

とってもアバウト!!

とっても大自然!!



商売の根底をみたような気がした

もちろん獲りたての魚はおいしいのだろうなぁ…と

日本で見たことのあるような魚から

イカツイ顔の魚や、蛍光色の入った魚まである



そういえば、ホテルに来たハトもホッペにピンクの羽が生えていたなぁ…

さりげなく可愛い差し色がはいる生き物たち…



旅行の本には載っていないオマーンの素顔をまたまた見てしまった





そしてカーンは

「5ツ星ホテルで素晴らしいところがあるから見に行こう!」

と言い

CHIZホテルへ


いきなり正面から入って、レストランの中を素通りし

裏の扉をあけた

125_convert_20140116032638.jpg



「すごく綺麗な景色だろ!」

と言い

またまたレストランのボーイさんに挨拶しながら入り口に

とにかく後ろからついて行って高級ホテルを一望

127_convert_20140116032456.jpg


そして、いきなりスタッフが幼なじみらしく、2人で記念撮影してくれというので撮ってみた

129_convert_20140116032312.jpg
カーンと友達

とても素晴らしいホテルで

あー、オマーンも5ツ星ホテルは素晴らしいなぁ!!と感激




カーンは一体何者なんだろう!?



と思いつつ


おそらく、嫁からガンガン電話がはいってきてた

お父ちゃん!どこいってんだ!早く帰って来い!!

と怒られていたのだろうか…


アラビア語の会話ながら、人間の感情って共通だから

なんとなく会話の内容が想像つくので可笑しい




「カーン、今日はありがとう!カーンの風邪も悪化してきたみたいだから、そろそろ戻ろう」

そして、ホテルまで送ってもらい

カーンは帰って行った




人との出会いは旅の醍醐味でもある

楽しかったな…

143_convert_20140116035202.jpg



そう思いながら、なみか母さんのオマーンでの夜は心地よく更けていった

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

はな | URL | 2014/01/17(金) 11:35 [編集]
初めてのコメントです。

記事に笑わせてもらいました。
久々に思いっきり笑いいました♪ツボりました♪
なみか母さんありがとうございます。

先日真珠姫君のなんとかをオーダーさせていただき
使っておりまする。goodです!



Re: タイトルなし
なみか母さん | URL | 2014/01/18(土) 02:25 [編集]
はなさん

初コメントありがとうございます!!笑っていただけましたか(*^_^*)アラブネタまだまだ続きます。お楽しみに~♪
そして「真珠の館の姫君」も使ってくださっているのですね!ありがとうございます!!丹精込めてアラブの銅のスプーンで毎日かき混ぜて熟成させております。「真珠の館の姫君」の種は実は壺に入っているのです。
末長くご愛用くださいませ~♪

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © なみか母さんの秘密のツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。