なみか母さんの秘密のツボ
アラブ魅惑のツボ探し
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/10/29(月)   CATEGORY: 未分類
フランキンセンスの魅力
フランキンセンス(またの名を乳香)は私が一番大好きなアロマなのです。

浄化力作用が強いので、天然石の浄化に使っています。空間の浄化にも優れているので、アロマポットで常に店の
中で焚いています。

キリストの誕生時に東方の三賢者がキリストに、フランキンセンスとミルラと黄金を持って行ったそうです。

昔々フランキンセンスは金と同等もしくは、それ以上の価値があったとされています。

何からできているのかというと「ボスウェリア・カルテリィ」というカンラン科の木の樹脂がフランキンセンスなのです。

10月にドバイに2週間行ってきました。そして、スパイススークという場所で、フランキンセンスを買ってこよう!と思ったのです。

もちろん他にも面白い物が見つかれば良いな…と思いつつ、

この2週間でいろんな面白いものと出会えました。これは追々お伝えするとして…

さて、私はフランキンセンスを買いにドバイのスパイススーク(スパイスの市場)に行きました。

ドバイにはT氏という知り合いがいて、始めはスパイススークまで連れて行ってもらいました。

そして、私のつたない英語をフォローしていただきながら、お店の方にいろいろと聞いてもらいました。

オマーン産のフランキンセンスが最高とされていて、私はオマーン産

のものが欲しいと伝えました。

いろんなお店で値段を聞き、交渉をしてみました。

そしたら、T氏がいきなり英語で

「これがどうして、オマーン産だとわかるんだ?」

と言われたので、私も慣れない英語で

「オマーン産と店の人がいっているから。」

と答えると

「君はオマーンに行って本物を見た事があるのか?」

と聞かれました。私はオマーンにもちろん行ったことはなく、どこにあるのかすらわからないので、

「行ったことないよ」

というと

「本物を見てこい!本物を日本に持って帰ったら皆が喜ぶだろう!」

…!!え???

「オマーンってどこにあるの?」

と聞いてみると

「隣の国だから、1~2時間で行ける。」

えええええ!!!!???

「簡単に言いますけど、VISAもとってきていないし、隣の国にいけるの???」

その提案に驚いて尋ねてみた。

「大丈夫、VISAは到着してからとれる。」

ホンマかよ~!!!そんな話は始めて聞いたよ!!!VISAって普通は日本でとらないといけないのでは!?と心の中では叫んだ私でしたが、T氏はすかさず、

「明日、チケットをとる段取りを手伝う。私の会社の隣がオマーンエアーだ。

AED100(ドバイのお金の単位ディラハム日本円で約2万円)を持ってここに来い!」


と『メトロ BB』書かれた紙をくれた。

「なんですのん?これ」

「ビジネス ベイ駅 ここまで来て連絡しろ」

そして、T氏は去って行った。

こうして、私のオマーン産のフランキンセンスを探しに行く旅がいきなりはじまったのです。。。

つづく

フランキンセンス
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © なみか母さんの秘密のツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。