なみか母さんの秘密のツボ
アラブ魅惑のツボ探し
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/08/31(日)   CATEGORY: スリランカ
美!のお兄ちゃんとウミガメに会いに!!~光輝く宝石の島スリランカその7~
こんばんは、なみか母さんです

さて、光輝く宝石の島スリランカ

最終の地はベントータという場所

ベントータの海岸地帯に2泊しました

ここは、人との出会いがとても良かった場所です

ようやく地元の人との交流ができた!といった場所になりました




写真 2 (5)
学校かな!?壁画が可愛い!!


写真 5 (1)
町はそんなに大きくなく素朴


写真 3 (3)
南国感たっぷり!!


写真 4 (2)
道で売られるフルーツや野菜が新鮮


旅に出ると人の出会いが旅の内容を采配するのですが

ベントータで今回も偶然にも良い出会いがありました

なみか母さん、旅の始めに、コロンボでトゥクトゥク(スリーウィラー)の詐欺にあいそうになりました

で、トゥクトゥクは今回敬遠していたのです

写真 1 (3)
これがトゥクトゥク(スリーウィラー)


はじめに出会ったトゥクトゥクのお兄さんは、少しキムタク似の美形

もちろん、なみか母さんは警戒心満載

何と言っても話しかけてきた際に「日本が好きだ」という

日本が好きだというスリランカ人には気をつけなければ!

と初日のトラウマから抜け出れない


「私は日本が好きで漢字のタトゥーもしているよ!ほら!!」

といって首を見せてくれたトゥクトゥクお兄ちゃん

なんと!

  

という文字を首に彫っている

「美しいって意味ね!!僕のことだよ」

おーー!!なんと、ナルシストなスリランカ人ではないか!!

確かに美形なのは認めるよー

(-_-;)

しかし、愉快なトゥクトゥクお兄ちゃんだ

そして、トゥクトゥクで観光地を紹介すると言ってくれたのですが

でも、なみか母さんは、まだ警戒心満載で断りました



「私たちは、お腹が空いていてご飯を食べに行くのです」

というと、

「知り合いの店があるから、そこを紹介するよ!」




そこで、私はトゥクトゥクに騙されそうになった経緯を話すと

「僕は大丈夫!まず、友達の店のメニューを見て決めて!」

と言うので、メニューを見に行く事に

写真 1 (4)


メニューを見て、なんだか日本のファミレスより少し安いくらいのビミョーな値段帯に

スリランカにしては高いかもしれない…と思ったのですが

ほーちゃんのあまりにお腹のすききった悲惨な表情を見て

ここで食べよう!と決定

そしてシーフードのてんこ盛りを食べ満足

いろいろと話してるうちに

このトゥクトゥクのお兄ちゃん悪い人でなさそうだ…

ということで、観光もお願いすることに

そして、ウミガメのいる場所へと行ったのでした

写真 3 (4)
マリンタートルズ&プロテクティングセンター


そこには可愛いウミガメが沢山いました
写真 2 (6)

写真 5 (2)

写真 4 (4)

写真 4 (3)
ここに卵を埋めて孵化させてから海に戻すそうです

海岸で他の動物に卵を食べられてしまわないように

漁師さんなどが見つけた卵を毎日 買い取るそうです

写真 3 (5)
海岸の風景 向側にある海へウミガメは帰って行きます

写真 (3)
「美」のお兄ちゃんが説明してくれました

写真 1 (5)

夕方にウミガメの赤ちゃんは海へと戻されます



このトゥクトゥクのお兄ちゃんは、明日は何処に行きたいか聞いてくれ

マニックポラという宝石商の市場に行きたいというと

快く引き受けてくれました

そして次の日はマニックポラへ!

ブルームーンストーンを求めて!!
写真 (4)

つづく

スポンサーサイト
DATE: 2014/08/25(月)   CATEGORY: スリランカ
キャンディ(KANDY)マーケットでお買いもの ~光り輝く宝石の島スリランカ その6~
こんばんは、なみか母さんです

今日はキャンディ(KANDY)マーケットのご紹介

スリランカの山岳地帯のキャンディには

キャンディマーケットという市場があります
写真 1 (17)
キャンディマーケットの通り

そこに行ってお買い物

今日ご紹介するのはキャンディマーケットの中にあるお店 「22」

「22」というのは店名らしく、そこは、日本人もよく行くようで

記念に撮った写真やもらった絵葉書をファイルして見せてくれた

インターネットのブログでも紹介してくれる人もいるんだよ~

とページをコピーしてくれたものも見せてくれた

なんとも、お客様との絆を大事にするオーナーさんだ

そして、僕のお店を宣伝して!

とのご希望があり、その商売人魂に

賛同して、なみか母さんもご紹介してみます

ここがキャンディマーケット


そして22
写真 5 (8)
写真 1 (3)


オーナーさんは若いけどしっかり者(20代らしい)
写真 4 (16)
記念に1枚

ここには、スリランカの日常で使われるオイルやクリームやら

お香やスパイなどがギッシリと店内に飾られている

写真 3 (18)

お値段も良心的でした!!

写真 2 (8)
写真 2 (2)
買った品物を袋に入れてロウソクで封をしてくれました

シーラ―の変わりなのですね

「22」のオナ―さん、ありがとうございました!!



そして近辺は南国フルーツや、海産物や雑貨屋が並ぶ

なみか母さんフルーツを買いました


このフルーツ…
写真 3 (9)
皮を割ってくれました
写真 4 (3)
中身はこんな感じです

半分腐っているのか!?とおもいきや

こんな状態で食べるらしく、酸っぱい…

買ったフルーツは全てたべたのですが、このフルーツは完食できなかったのです…

しかも名前を聞き忘れ(-_-;)

なんともインパクトのあるフルーツでした


スリランカのフルーツ、マンゴーアップルやランブータンやマンゴスチンは大のお気に入りになりました。

スイカも安くて甘かったなぁ…(スイカ小玉1ヶ100円くらいでした)

南のフルーツの恵みを堪能でき感謝!!

キャンディマーケットは見ているだけで楽しくなる場所でした。

写真 5 (6)



DATE: 2014/08/22(金)   CATEGORY: スリランカ
キャンディのエサラ ペラヘラ祭~光輝く宝石の島スリランカその5~
こんばんは、なみか母さんです

今日は、光輝く宝石の島 

スリランカのキャンディでのお話



8月1日から8月11日満月になるまで

スリランカのキャンディではお祭りがあるのです

世界中からそのお祭りをみに来るほど有名なお祭り

エサラ ペラヘラ祭

写真 3 (2)

エサラ ペラヘラ祭とは

スリランカの中部 キャンディ(KANDY)

で行われるお祭りです

ペラヘラとは行列という意味で

お祭り自体はスリランカの国内各地でありますが

中でもキャンディのエサラ ペラヘラ祭は最大の規模を誇ります



なみか母さんはたまたまスリランカのキャンディのホテルを予約するのに

8月1日と2日をキャンディの宿を予約しました

娘のほーちゃんに

「お祭りあるみたいよ!」

と言われ調べてみるとエサラ ペラペラ祭!

ラッキー

と思い楽しみにしていました

ところが

8月1日に親子共々、この時期、半端でないスリランカの湿気にやられ

とても疲れていました

ちなみに3日間洗濯物が乾かないという湿気のありさま…

ほーちゃんも頭が痛いということで見に行くのは8月2日の夜に延期


その夜は大雨が降り

明日にしてよかったなぁ…

ということになりましたが

しかし

どうもほーちゃんの体調がおもわしくなく

どうやら熱が出てきたようです

(-_-;)

もしかして!熱帯特有の天狗熱!?

( ゚Д゚)

天狗熱の場合、日本から持ってきた薬をむやみに飲ましてはいけない

ということをアーユルヴェーダを習いにスリランカにいった友達から聞いていました

もし、天狗熱にかかったら、ワクチンはないので、対処療法は

薬ではなく紅茶を大量にのませて、水分補給はポカリスエットで!

ということだったので、とにかくスリランカの紅茶を沸かしまくり

(ポカリスエットは粉をもって行っていた)


ほーちゃんに飲ませました

2日目熱も少しづつ下がり始めました

「ペラペラ祭どうする?」

と聞いたら

「もう少し寝てる…行って来て」

ということだったので

「写真とビデオを撮ってくるね!」

と兎に角でかけました

ペラペラ祭の様子

写真 1
電飾で飾られた仏歯寺
写真 1 (1)
象達も電飾などで飾られた衣装を着てパレード

写真 2 (1)


新月~満月まで行われるお祭りは今年は8月1日~11日

仏歯を納めた舎利容器を背中に乗せた象が

写真 3 (1)


仏歯寺(ブッダの歯が納められている寺院)から出てきます(載せているのはレプリカですが)

写真 2 (2)

写真 4 (1)
炎を焚いた棒をかかげた人々達、音楽隊やダンサーの行進

写真 3

写真 5

写真 4
写真 2 (1)


それはそれは迫力満点で美しく

あー…ほーちゃんにも見せてあげたかったなぁ…

と思ったなみか母さん

またいつか機会があれば連れてきてあげよう

お祭りのラストの満月の日はスリランカ中、世界中から人が

見に来て夜中まで盛り上がるらしいエサラ ペラペラ祭

阿波踊りとディズニーのエレクトリカルパレードをミックスしたような美しさと迫力

宗教色が強く仏歯が重要ポイントのお祭りで

とても神聖な雰囲気もありました

象はとても可愛くて、特に幼い象は落ち着きがなく

楽しそうに体を揺らし耳をパタパタさせながら行進

伝統的な衣装も素敵でした!!

写真 2
桟敷席は満席で熱気あふれていました

世界各国の人々が来ていました


DATE: 2014/08/19(火)   CATEGORY: 未分類
東京恵比寿イベントお礼
こんばんは、なみか母さんです

今日はスリランカ紀行を一休みして

イベントのお礼です

2日間に渡り東京恵比寿でのイベント

お越しくださった方、誠にありがとうございます


今回も濃い内容の2日間

縁あってお会いできた皆様に感謝です

リーディングや香油、石達を通し

私が学ばせていただいているということ

そして、素晴らしいエネルギーを交流させていただいていることに感謝いたします


何度かお越しくださった方で毎回お会いする度に進歩なさっている方

久々にお会いして、グッと変化して成長なされている方

日々行動して進化している努力に拍手です!!



☆ここでご本人様からのご了解をいただきブログをご紹介☆

念願のショップを開設される

金森 まきさんのブログとショップをご紹介

サロン・ド・アルマ ルーチェ←クリック

*こちらは今からどんどんと構築していく予定だそうです。お茶などの販売も開始なさる予定です

Tea Life Evangelist 金森まき * 『一杯の倖せ。』←金森 まきさんのブログ

迷い続けた中で、とうとう進むことができたようですね!!

おめでとうございます!!これから楽しみにしています



そして、引き続き

旦那様と香油リーディングに来てくださったみぉさんのブログ復活!!

表現することを始めたみぉさん、過去のブログごと丸公開!!

おまぬけみぉののんびり日和←クリック

今回素敵な色の服とバックで出掛けて来てくださいました。(旦那様とのプチデート!?含め)

旦那様との面白い生活もブログ中でお見受けして、笑いました!!

そして、お母様の事をつづられた内容に涙…

ぜひ続けてブログを描いてくださいませ!



今回、初めてお会いした方々も是非次回

お会いできますよう…次回のご報告お待ちしております



そして、私の心の大親友、現在 病気と闘っています

今回は、体調不良でお会いできませんでしたが

娘さんと初めてお会いできました

娘さんの幸せと心の親友が早く良くなることを願って!!



そして、1枠残っていた18日

この日はいつもいらっしゃるKさんがいらっしゃらないな…

と思っていたら!

なんと!お時間ができていらっしゃるとの連絡が

あー!この為に1枠あいていたのか!

と驚きました。無事にお会いできてよかったです



和歌山から東京に就職したYくん

今回はスペクトロライト持って行くのを忘れてゴメンなさい!

また次回 花ちゃんからスペクトロライトをお預かりして持って行きますね!!

いつも「母さん!」と慕ってくれてるYくん、東京の空の下、頑張って成長してください!



ミネラルショー以来の再会、遠くから来てくださったNさん、いつも遠くからありがとうございます

次回もミネラルショーでお会いできるとよいですね!!(*^_^*)



何年ぶりかのKさん、大人っぽくなってて、びっくり!!久々のご報告に感謝です!!

沢山の方々にお会いできて思い出いっぱいのなみか母さん。



そして、今回

フランキンセンスの木の気持ちをお伝えくださったエネルギー体のSさん

お伝えくださるまえから、こんな事を言って良いのか…

と何日も迷いながらも

とてつもないエネルギーを使ってお伝えくださいました


そのエネルギー体は本当に美しい器に入ったエネルギー体


そして、フランキンセンスやコタラヒムの木についてのお話しとメッセージ


でも、生易しいものではありませんでした


しかし、それは人間界が忘れていたものを気づかせてくれました


自然界や神の領域の人間界との融合…忘れていた人間自身の力


奇跡は奇跡ではなく常に起こっている事


神聖なるものが、どうして秘密めいているのか、秘密めかなければならないか


まだ上手くまとめてお伝えできる域に達していないので、これはいつか

お伝えしていけるように私自身が成長しなければならない課題です


どうやってこれから進めば良いかを

本当に考えて、フランキンセンスを扱わなければいけないと思ったことは確かです


なみか母さん、まだまだ人間目線なので

これからは、木の気持ちもよく考えてお伝えしていかないと…と

すぐに変化はできないかもしれない…

でも、少しづつでも変化していければと思った今日でした


このご縁を繋げてくださったS子さん、ありがとうございます

今日のメッセージは一生忘れる事が出来ないです

蜀咏悄+(5)_convert_20140819032705


そして、なみか母さん帰って来ました

最後に、いつもお世話なるボニータボニートTOKYO 恵比寿の

中本先生とゆうこちゃん、素敵な時間をありがとうございます








DATE: 2014/08/14(木)   CATEGORY: スリランカ
シーギリアで出会いと世界遺産~光輝く宝石の島スリランカその4~
こんばんは、なみかかあさんです

なみか母さんと娘のほーちゃんとの「光り輝く宝石の島」

スリランカの旅はまだまだ続きます


スリランカは北海道より少し小さい島の大きさらしいです

そして、そこにはなんと!

ユネスコに登録された史跡や保護区8つも世界遺産があるのです



なみか母さんが一生に一度は行ってみたい世界遺産の1つ

シーギリアロックがスリランカにはあります





シーギリアロックは1500年前王宮だった場所

そびえ立つその岩の高さは195m

緑の森の中に突如大きな巨大な岩があるので不思議な光景です

写真 1 (4)
シ―ギリアロック


王カーシャパと言う人が、この岩に王宮を築き

11年間という短い間、君臨したという

しかし、実父を殺し王の座に着いたカーシャパは

弟のモッガラーナの復讐によりその生涯を絶った

地上には美女500人のハーレムを作り、カーシャパ王はシーギリアロックのてっぺんにいたという

500人って…(-。-;

写真 2 (4)
周りにお堀がありハスの葉が美しい


シーギリアロックの壁面に描かれたシーギリアレディの絵も有名
写真 5 (5)

写真 4 (3)

写真 2 (9)


そんなシーギリアロックに登ってみた


途中のライオンの入り口まで行くのに精一杯ななみか母さん

結構高い場所に慣れてないから登る時、恐いのとしんどいので必死…
写真 1 (9)
シ―ギリアロックの岩肌
写真 3 (5)
真ん中の文字は当時書かれたもの
写真 4 (4)
登る脇に作られた道

ライオンの入り口からまだ上に登ると王宮跡が見れる
写真 5 (6)
ライオンの足

しかし、スズメバチの大きな巣があるために、ガイドさんはここからは危険だという
写真 3 (7)
日本語を話せるガイドさん20年以上のベテラン免許を見せてくれた


幼い頃、蜂の襲撃にあった なみか母さんは、蜂にさされたらマズイ!!

写真 3 (6)
スズメバチに刺された人が200人以上もいるらしく救急施設もありました

ということで、そこから上に登るのは止めたのです


しかし、娘のほーちゃんは登ってくる!と言う

ガイドさんにお願いすると、長いカッパみたいな服を借りて来てくれ
写真 1 (10)
こんな姿で登って行きました
写真 2 (10)
恐くないのか!?ほーちゃん!
写真 2 (15)


そして、ほーちゃんは頂上まで登ったのです

写真 1 (2)



やはり、足腰の強い若い時に来ればよかったなぁ~

と思いながら、ほーちゃんが登って行くのを眺めていたなみか母さん

すると、隣に座っていたインド人女性が話しかけてくれた

彼女も子供とお父さんは登って行ったけれど、自分はここで待っていると言っていた

母チーム足腰弱し!!(-_-;)

少し話が盛り上がり、12月にインドに行く予定を話すと、ますます話が盛り上がった

待ち時間も充実したものになった

そして戻ってきたほーちゃんも大満足


写真 4 (2)
石で作られた階段

王様はかごに乗って頂上まで運ばれたという…

運ぶ人大変だなぁ…

写真 4 (5)
コブラの岩

コブラはプロテクトの意味をもっという…

写真 5 (2)
シーギリヤロックを背景に親子で記念撮影




ホテルに帰りのんびりすることに

シーギリヤでなみか母さん達の泊まったホテルはアマヤレイクホテルと言って

インターネットでお安くとれたけれど、このホテルかなり良かったのです!!
写真 4 (18)


湖の近くにあるり、コテージタイプの部屋で、広い

本当に気持ちが良い

フロントから部屋までカートで送ってくれる

チョットしたアミューズメント気分

写真 5 (4)
部屋まで運んでくれるカート

写真 5 (3)
アマヤレイク(湖)の風景

写真 4 (6)
船がありました

写真 2 (11)
眺めのいい湖畔の景色

写真 1 (11)
野生の動物!?

写真 1 (5)
トムソーヤの小屋のような家が木の上に!!
リスが入っていました


このホテル、アーユルヴェーダ施設も完備

ほーちゃんのお誕生日だったので

アーユルヴェーダを体験させてあげようと、コースを申し込んであげ

なみか母さんもマッサージを申し込み受けました

やはりオイルがすごい良い

お肌にスーッと染み込んでしっとりサラサラ!!

いくつものスパイスやハーブが調合されたオイル

すごい!!

ツルツルになった2人はディナーに向かう

周りは森で、お店な遠いので、何処に食べに行くということもなく、ホテルでのディナー

細部までいきとどいたホテルに関心

本当にあの値段で間違えなかったのだろうか!?

なんてったって2人で日本円にして2日間で約15000円

1人あたり1泊 3750円也…(@_@;)

スペシャルプライスでゲットしたからといって、安すぎる~(≧∇≦)

このホテル実はシーズンや曜日によってはとてもお高いらしい…

この日は日本人、35人の団体さんも来ていて

石つながりで、知り合いもできたりと楽しい会話のひと時

写真 4 (11)
写真 3 (13)
プールサイドであちらの結婚式風景が見れました

旅に出たらいろんな人と出会い話ができる

でも、その人々とはこれから2度と出会えないのかもしれない

世界のどこかで また出会えたらいいな…

貴重な出会いは大切な思い出になる…













DATE: 2014/08/12(火)   CATEGORY: スリランカ
南国のスパイスガーデン ~光り輝く宝石の島スリランカ その3~
こんばんは、なみか母さんです

台風も過ぎ去り

和歌山のうちのお店は少し浸水しましたが

水を吐き出した後は床が綺麗になりました

さてスーパームーンの今宵

インセンスアラビアンナイトのカートアップも完了


今日はスリランカのスパイスガーデンのお話

カルダモンやナツメグやシナモンなどなど

南国のスパイスの植物園「スパイスガーデン」

をご紹介!



スリランカには何か所もスパイスガーデンがあるようです

スパイスの樹やハーブが沢山植えてあります

写真 3 (22)
ナンバー3というガーデンに行きました
写真 3 (15)
写真 2 (13)
写真 2 (7)
写真 1 (18)
写真 1 (17)
写真 1 (12)


いろんな植物がありました





写真 4 (7)
ココナッツ

インドのカレーは牛乳を使い

スリランカはココナッツオイルとココナッツミルクを使うらしいです

キングココナッツ シンハラ語で「テンビリ」と言って

髪の毛に塗る美容オイルにも使われています


サバンドラの樹の根、フェネグリークとキングココナッツオイルで

髪の毛に良いらしいです

写真 (7)
このオイルですなぜか焼き芋の皮の香ばしい香りがします


写真 2 (8)
ローマバラニ (ワイルドリリーの仲間)大きい葉

写真 1 (13)
ナツメグ


写真 3 (18)
ナツメグナツメグはシンハラ語ワサーワーシ「ダブルチャンス」という意味 です

皮と種別に売れる

だから「ダブルチャンス」

1粒で2度美味しい(*^_^*)

皮は料理、種 はお薬、歯磨き粉とお腹の薬などとして使われます

日本ではナツメグは肉料理に合うスパイスとして売られていますね

ナツメグタネを粉にして、レモンと水を入れて下痢止めになるらしいです


写真 5 (10)
カカオの実
写真 4 (9)
カカオ

カカオは2種類スリランカにあり

一つは紫にもう一つは黄色になるのです

ガイドさんは、紫の方が値段が高いと言っていました

タネを乾かして粉にするらしく

写真 4 (16)
ココアの粉

私はカカオの種の周りの白いところがココアの粉になるのだと思っていました

しかし、カカオ白いところは、しょっぱいので捨てるらしいです


写真 1 (15)
写真 5 (7)

シナモン

アンチエイジングにも良いとされ

日本でもブレイクしたシナモン

シナモンの樹の皮からシナモンスティックはできます

シナモンオイルはシナモンの葉っぱから蒸留して作るらしいです


写真 3 (16)
コーヒーの花のオイル

コーヒーの花の香りはコーヒーの香りはしません

独特の南国の花の不思議な香りでした

写真 4 (12)
コーヒー豆



写真 5 (11)
パイナップル

パイナップルには赤と黄色の種類があり

赤は薬用になるらしいです

赤パイナップルベースの液は35種のスパイスを入れて土の中で熟成させる

1本飲むと血を綺麗にする。咳、体内の空気を綺麗にすると説明してくれました

黄色は食用になります


写真 4 (15)
カレーリーフ(カラピンチャ)

スリランカの料理にとてもよくつかわれているハーブです

生の葉を使い、 実は料理に使わないでお薬にするそうです


写真 1 (16)
ポルパラー

この小さい葉っぱ は腎臓に良い らしく茹でて毎朝飲むそうです

乾燥させて他のハーブと交ぜたものも売っていました

腎臓の石や糖尿などにも良い作用があるので

なみか母さんは母の為に購入してみました


写真 4 (13)
バニラ

バニラは以前よりも今はスリランカあまりないそうです

それは、受粉をさせるのに人の手がかかるそうで

大変だから…とガイドさんはいっていました




写真 2 (15)
コーマリカ(アロエベラ)

肌に良い作用があるアロエべラは

スリランカではスキンクリームやシャンプーに加えられに使われています

写真 2 (14)
バナナ

バナナ スリランカでは17種以上のバナナがあるらしいです

写真 1 (20)
ジャックフルーツ

逆光になりましたが、大きな楕円形のトゲトゲした形のフルーツ

結構大きな樹に実っているので、採るのが大変そう

ジャックフルーツは、小さい実はポロスと言ってカレーを作る

大きくなるとコスという。茹でて食べれます

もっと熟すとバラカといって果物として食べるそうです




写真 2 (17)
コショウの実

コショウはツル(蔦)になっています

スパイスのカルダモンはクイーン、コショウはキング的な存在です

写真 3 (14)
カルダモン



写真 4 (17)
ゴムの木

樹についた樹脂を引っ張るとゴムみたいに伸びます


写真 2 (19)
ナワハンディ

9つのジャンクションがあると言う意味らしいです

日本では多分「ミルクブッシュ」と言う名前で売られてるものだと思います


写真 3 (20)
クローブ

シンハラ語でカラ-ピアスの意味を持つスパイス

歯が痛い時 歯磨きに粉のように粉を指で使うと痛みが軽減されます


写真 5 (17)
サンダルウッド

このおへそみたいな穴からは、サンダルウッドのフレッシュな香りが

ただよっていました

サンダルウットとターメリックを混ぜてぬるニキビ出来ものが綺麗になるそうです


ちなみに、タ-メリツクは、結婚式の前の日にターメリックを塗る風習があるそうです

その他、お店を始まる前に水に混ぜてまくのにも使われ、ナチュラルgermキラーというそうです


写真 4 (8)
脱毛クリーム 天然100%

イモ系のハーブが使われている脱毛クリームは10分で毛が脱毛できます

しかし、アレルギーのある人は痒くなります

ちなみに、髪の毛が生えるハーブもあるらしいです…


写真 2 (20)
アーユルべダに使うオイルや薬の数々

ここスパイスガーデンでも購入できます

町のローカルなお店と比べ、数倍~10倍ほどのお値段ですが質は確実なものでした

高いお値段も、このガーデンを維持する経費も考えたら納得しました

しかも入場料も取っていないし…

日本語を話せるガイドさんもいましたのでとても勉強になり楽しかったです

なみか母さんはサンダルウッドパウダーや髪の毛に良いキングココナッツオイルやハスのオイルなどなど

購入して大満足!!

ツボを突くような商品が満載!!


★☆~★☆★~★☆~★☆~★☆★~★☆~★☆~★☆★~★☆~★☆~★☆★~★☆

~なみか母さんよりお知らせ~

8月17日・18日東京恵比寿(ボニータボニ―ト)でのリーディング

今回もご希望の方は是非お越しくださいませ

(17日は残りわずかになりました)

お申し込みはインセンスアラビアンナイトのカートより お願いいたします

そしてオルゴナイトが入荷しております!!

フランキンセンス&赤い実入りの「パートナーシップ♡愛のお守りペンダント」

花ちゃん、なみか母さんの手元に残ることなく速攻完売!!(@_@;)

オルゴナイト内にフランキンセンス、ミルラ、ドラゴンブラッドを入れて

エネルギーを高めてもらっているミラクルワールド!!

日本から樹脂を送りオルゴナイトの中に入れて製作しました

こちらも誰のところにお嫁入りするのか楽しみです(*^_^*)


そしてそして、今月のanemone(アネモネ)

「天地のつぶやき飴」が読者様へのプレゼントとして

掲載されました 編集部の皆様、ありがとうございます!!

写真 1 (3)
写真 2 (3)

いつもインセンスアラビアンナイトに暖かい応援をくださる皆様に感謝いたします!!

★☆~★☆★~★☆~★☆~★☆★~★☆~★☆~★☆★~★☆~★☆~★☆★~★☆






DATE: 2014/08/09(土)   CATEGORY: 未分類
スリランカのニゴンボで和歌山人の濃い夜~光り輝く島スリランカその2~
こんばんは、なみか母さんです

さて「光り輝く宝石の島スリランカ」への娘のほーちゃんとの2人旅

お目当てはロイヤルブルームーンストーン

(ロイヤルムーンストーンの記事はまた後日詳しくご紹介するとして)

今日はスリランカはニゴンボでのお話



スリランカはコロンボのとなりのニゴンボ

空港から近い小さな海岸沿いの町

リゾートホテルが立ち並び、お土産物屋さんや、町の雑貨屋などが道沿いに並んでいる

写真 2 (4)
海岸沿いの風景

写真 3 (3)
町中の風景

写真 2 (5)
車窓より

写真 1 (4)
小さな傘に電飾が何本も道沿いに
イスラムのラマダン(断食)明けのお祭りがあるらしい



なんとも偶然にも!

大学の後輩とその幼馴染みさんが2人で、ニゴンボでアーユルヴェーダの勉強をしている期間だったので

スリランカで会うことに

お二人は和歌山からスリランカに来ていた
写真 3 (13)
左・後輩のRちゃん&右・後輩の幼馴染のMちゃん

そして、私達が泊まったホテルのすぐ近くに彼女達の宿泊先が!

そこで、彼女達はアーユルヴェーダの施術を受け

毒素をたっぷりだした後に、学科のお勉強をし、テストを受けるらしい


会った日に、彼女達のお肌がツヤツヤで、スッキリしているのに驚く


後輩は、日本ではタバコ、酒、不摂生で毒素バリハリに溜まっていた身体を

どんどんとクリアーにし、元気でスッキリしていた

「日本では不健康な私ですが、アーユルヴェーダで生き返りましたぁ!」

と明るく清々しい顔で語る


アーユルヴェーダとは「生命の化学」という意味で

生活の知恵、哲学の概念も含んでいて、古代インドが発祥の地です

スリランカのアーユルヴェーダはスリランカ固有の伝統医療が融合し

スリランカ独自のハーブを沢山使うのが特徴らしいです


生活に密着し、今もなお原型が純粋に残っているのがスリランカのアーユルヴェーダと言われています

ドーシャと呼ばれるヴァータ、ピッタ、カパの3つの元素に分かれ

それらのバランスで心身のバランスが保たれると考えられています

世界三大伝統医学の1つだといわれるアーユルヴェーダ


難しいことはさておき、彼女達の帰国後の成果を楽しみにしようと思います
写真 5 (6)
皆で記念撮影

写真 (7)
キングココナッツオイルに木の根っことスパイスが漬けてある

このオイルは髪の毛に良いらしく後日アーユルべーダグッズのお店で購入したみたものです

なんとも…香りが

焼き芋っぽい!!

(@_@;)

髪に良いので帰国後もなみか母さん愛用しています

大自然のエキスがたっぷり!!

でもこの香りはいったいどうなんでしょうか!?…(-_-;)

恐いもの見たさのご希望の方、インセンスアラビアンナイトのカートにそっとアップしてみますので

ゲットしてみてくださいませ…





~今日のオマケの1枚~

写真 1 (11)
人なつっこいサルくん


★☆~★☆★~★☆~★☆~★☆★~★☆~★☆~★☆★~★☆~★☆~★☆★~★☆

~なみか母さんよりお知らせ~

8月17日・18日東京恵比寿(ボニータボニ―ト)でのリーディング

今回もご希望の方は是非お越しくださいませ

お申し込みはインセンスアラビアンナイトのカートより お願いいたします

そして、オルゴナイトが入荷いたしました!!

今回はフランキンセンスや赤い実入りの「パートナーシップ♡愛のお守りペンダント」

オリジナルで作家さんと共同製作いたしました

オルゴナイト内にフランキンセンス、ミルラ、ドラゴンブラッドを入れて

エネルギーを高めてもらっているオルゴナイトも製作いたしましたのでお楽しみに♫

カートアップは満月の日を予定しております

★☆~★☆★~★☆~★☆~★☆★~★☆~★☆~★☆★~★☆~★☆~★☆★~★☆


DATE: 2014/08/08(金)   CATEGORY: 未分類
光り輝く島スリランカへ その1~コロンボで危うしなみか母さん!?~
こんばんは、なみか母さんです

ロイヤルブルームーンストーン
を探しに

スリランカにやって来ました

スリランカは「輝く島」と言う意味らしいですが

数々の宝石の産地でもあります



コロンボはスリランカの首都かと思いきや

首都ではないのですが

(首都はスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ)

現在は首都の役割を果たしている

とても栄えた町です


私の印象はといえば

昔から残っている大自然や街並みの空いてる部分に

どんどんとビルやホテルを建てていったような感じで

街並みと古い大きな樹がマッチしています

この樹齢の何千年かわからない樹を切り倒さず

街並みに残しているのは素晴らしいと思いました

樹が影をつくり、涼をとれています


写真 1 (8)
迫力のあるなぁ~この樹

さてさて、今回の旅は

娘のほーちゃんと2人旅

そして今日は、私たちが遭遇した

コロンボでまさかのボッタクリ!?のお話

コロンボではスリランカ出身のTちゃんがドバイから帰国していて

最初の2日半観光案内をしてくれたのです



コロンボでご飯を食べ(バナナの皮に包んだ食べ物)
写真 2 (2)
ランプライス(lumprice)中はなんだろ!?
写真 3 (2)
バナナの皮にしっかりくるまれ蒸されています
写真 4 (5)
スパイシーでラム肉とご飯が甘辛くて美味しい!!
なみか母さんの大好きなスイカのジュースもGOOD♫



ランプライスlumpriceをごちそうになった後

娘のほーちゃんと2人で散歩にでかけた


すると、あるスリランカ人に声をかけられた

「今日はフェスティバルがあるのを知っているかい?

 君たちはどこからきたんだい?」


「日本から」

「あ、僕の父は日本と貿易をしていたことがあるので日本にも何度か父は行ったことがある

 僕の名前はリキよろしく!

 リッツカールトンで働いているんだ

 今、仕事が終わったのでフェスティバルの方に向かおうと思う」


とにかく日本の事や家族の事を沢山話してくる


私はスリランカ人は人なつっこくて親切な人が多いと聞いていたので

すっかり気を許してしまっていた…

「トゥクトゥクで行くからすぐそこまで一緒にどうぞ」

写真 4 (6)
トゥクトゥク(スリーウィラ―とも言う)

そして、到着したのは、ガンガーラ寺院というお寺

「あれ?ガンガーラ?お祭は???」

「まだ、時間が少し早いから」

と言われ仕方なしに、そこで降りた

トゥクトゥクは待っていてくれると言った

ガンガーラはとても良かった
写真 1 (9)
写真 2 (3)
写真 3 (8)
ブッダの髪の毛が祀られている


見ているうちに、戻らないといけない時間だ


「リキさん、すみませんが、私はこれから仕事の商談があるので、帰ります」


と言ったら

「じゃあ、途中まで一緒だ」


と待たせてたとはずのトゥクトゥクに乗るけれど、運転手がちがう!?

ここで、少し疑問が…あれ?

すると、リキは

「あ!そうだ今日はフェスティバルの日だから

 政府の関連のお店が50%オフだよ!君たちラッキーだね!!

 え!?知らないの?新聞読まなかった?」


ここで、マズイ!これは何かのワナか!?と察したなみか母さん


案の定、路地を入った怪しげな宝石屋の前でトゥクトゥクを停められた

「さ、中に入って、君たちラッキーだね!安く買えるよ!見るだけでもいい!!」

降りるもんか!となみか母さんは心で叫び

「リキさん、私はこれから宝石の買い付けの商談なのです(本当)

 だから、ここでは買いません

 もし、機会があれば来ることが出来る様にショップカードだけいただきます

 急ぎなのでホテルに帰ります」


と言ってトゥクトゥクを走らせてもらった


すると!今度は訳のわからないところで停められ

リキが

「いくらだい?」


トゥクトゥクの兄ちゃんに聞くと


「8000ルピー(約8000円)」


ここで、なみか母さん

8000ルピーは持ってないので、今は払えない

と言ったら、トゥクトゥクの兄ちゃんが

「財布をよこせ!見せろ!」

と言う

ここで、リキが走り去って消えた!

あいつめ!!グルだな!!

しかし、トゥクトゥクのただ乗りもいけないだろうし

よし!とりあえず、ホテルに連れてってTちゃんにシンハラ語で交渉してもらおう!と思い

「ホテルまで来てくださいお金はホテルです」

というと

「銀行で今すぐおろせ!!」

と怒りだしたので

普段怒らない、なみか母さんもここでブチ切れ

「この距離(約7~8分)8000ルピーのトゥクトゥクがどこにある!!

 日本のタクシーより高いじゃないか!!

 じゃあ、欲しかったらホテルまで今すぐついてこい!!支払う!!」


と叫んだ

「早くついてこい!!」

と足早に歩いて誘導したら

何か言っている

ついてこようとしない

「今、往復代金を支払う500×2でも十分なはず!!」

といって1000を押し渡す

「残りは今からホテルに戻って払う!ついてこい!!」


と言うと


いきなり

ブーン

と逃げ去った…

(ー_ー)!!


やはりボッタクリろうとしていたな!

500×2の1000ルピーでも払いすぎたようだ



スリランカ初乗りトゥクトゥクのボッタクリにあいそうになったお陰で

Tちゃんが、心配だからタクシーを手配するからということで

続きの旅行はタクシーになった

マウントラビニアという地区で1泊するので

その時にTちゃんはタクシーを交渉してくれ

ツアーという形にした方が安いので、そうしてもらい

娘との2人度はタクシーの旅に変更になった


この時から少しトラウマになったのか

しばらくの間、スリランカ人が話しかけて来ても警戒してしまうようになった…



人なつっこい、なみか母さんにしては珍しく現地の人と交流の少ない旅になってしまった


これも旅の醍醐味…そう思おう

旅慣れていない時に、初スリランカにいく時は

ツアーを現地の人に組んでもらうのが1番よいかも…

バスと列車の旅をしようとリュック1つで来たけれど

結局は今回は貸切の車でツアーの旅になった

つづく

オマケの1枚
写真 (6)
お供えのお花は甘くてよい香り














Copyright © なみか母さんの秘密のツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。