なみか母さんの秘密のツボ
アラブ魅惑のツボ探し
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/07/24(木)   CATEGORY: フィンランド
白夜のフィンランド紀行その7~ウッコ島へ!!イナリ湖でなみか母さん難航!?~
こんばんは、なみか母さんです

フィンランドの北極圏はラップランドのイナリ

そこは白夜の夏

今まで訪れた土地で、こんなに軽くて清々しい空気を感じたのは初めてだと思う

そこは聖地と呼ばれるだけある

ウッコ島は、地元ではウッコ岩と呼ばれ、イナリ湖にある島なのです

イナリ湖は大阪くらいの大きさがあるという、フィンランドで2番目に大きい湖

サーミ人が祈りを捧げに来る場所で、まさしくそこはパワースポット!?

ウッコ島までは、2時間半くらいのクルーズがあります

島にも上陸できるので、イナリに行かれる時は是非ここも必見!!

前回のブログにも書いたシーダー美術館の向いに船着場があります

皆でクルーザーに乗り

ウッコ島へ!!
写真 5 (3)
遠くに見える真ん中の島がウッコ島

http://www.youtube.com/watch?v=LEM7-56SG7s
(こちら花らいおんやんがYOU TUBEにアップしているウッコ島)


写真 3 (6)
ウッコ島の説明(島の上にあります)

写真 2 (9)
イナリ湖の風景
写真 3 (5)
イナリ湖の風景
写真 1 (5)
クルーザーの中

クルーザーの中では軽食が食べれます

なみか母さん乗り物に乗ると眠ってしまうので、途中から爆睡…


ウッコ島に上陸


蜀咏悄+2+(12)_convert_20140724034236
ウッコ島へ登る階段

蜀咏悄+3+(7)_convert_20140724034150
皆で登って行く
写真 3 (4)
美しい場所です

写真 4 (2)
遠くには小さい島がたくさんありました

蜀咏悄+(8)_convert_20140724034056
皆で記念撮影
(摩子先生、さくら嫁、けいこさん、なみか母さん、なおのぶさん、花ちゃんは船中で待機中)


写真 5 (4)
しばらく頂上を散策


蜀咏悄+1+(7)_convert_20140724033935
クルーザー

さて帰ろう…

としたところ

ガンッ!!

帰りにクルーザーの扉で頭をぶつけたなみか母さん

痛いのなんのって…(ToT)



頭をぶつけた音が響き渡り

船内にいたクルーザーの船長さんもビックリ

中に乗っていた花らいおんちゃんが

花「か、母さん!!だ大丈夫ですか!?」

と叫んでくれたけれど

大丈夫じゃない!!痛いよおおおぉ

なみか「て、天使の光の軟膏おくれ~」

といったものの皆コテージに置いて来ており ´д` ;

うぅぅぅ…っと

と腫れた頭を押さえていたら


けいこさんが

「これ、よかったら使ってください…」


と、スリランカで購入したタイガーバーム!?のような軟膏をくださいました

それを塗ると頭がスーッとして、痛みがとても軽くなり

なみか母さん一安心(*^_^*)

世界を巡るけいこさんのドラエモンポケットのような技が今日も見れました

(ここぞ!という時、必要なものを何でも持っているけいこさん、凄い!)

写真 2 (10)
けいこさんとなおのぶさん

~今日のオマケの1枚~
写真 (4)
船着き場のお土産屋さんで発見 笑う犬



★なみかかあさんよりお知らせ★

7月26日~8月6日までなみか母さん、スリランカへ旅立ちます。(これは2年後のミッションの為でもあるのですが…)

インセンスラビアンナイトの商品をご注文の方で
ご入金が確認されていない分で、現在商品がご用意できているものを先にお送りいたします。

ご入金は急ぎませんので、ご了承のほどよろしくお願いいたします(発送は7月24日までのご注文分に限ります)
*なお、商品発送のお日にちを指定くださっている方は除きます


お問い合わせをいただいている
東京恵比寿の「なみか母さんリーディング」は8月の第3週目の日・月を予定しております。
帰国後のカートアップになりますので、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
DATE: 2014/07/23(水)   CATEGORY: フィンランド
白夜のフィンランド紀行その6~シーダ博物館そこはサーミの聖地~
こんばんは、なみか母さんです

さて、今宵のご紹介はフィンランドのラップランドのイナリにある

シーダ(SIIDA)博物館のご紹介

サーミ人の歴史、生活と北ラップランドの四季折々動物などの生態系を展示

屋外には昔の住居などが展示してあり

サーミ人の文化が見れます

写真 3 (4)
皆で行ってみました



サーミの聖地

北極圏はラップランドのイナリ

そこは果てしなく美しい大自然が広がる場所

例えば、花らいおんちゃんと出会わなければここに決してくる事はなかった…

こんなに素敵な場所に来れるご縁をありがとう花ちゃん!!

イナリという場所は、多分日本の旅行のガイドブックを見ても、ほんの少ししか載っていないと思います。

ここは、サーミの聖地といって、

フィンランドのサーミ人のいる場所なのです



サーミとは!?(インターネットより抜粋)

サーミはその生活の中で常にシャーマニズムと超自然なものを信仰してきました。サーミの物語でもっとも有名なのはオーロラについてのもの;キツネが夜空を走りその尻尾で天空を一掃するときにはっとするような光を放っているのだとか・・・

サーミの世界へ

時計をはずして、息を飲むほど美しく広大なサーミの故郷を探検してみましょう。地元の人たちのお祭りやアクティビティーに参加して、彼らのライフスタイルを体験しましょう。ここでは1年を通じて体験できる「サーミ的なもの」をご紹介します。

サーミの人たちが住む北ラップランドでは、1年を通して実にいろいろなアウトドア、インドアのアクティビティーが楽しめます。そのほとんどはEU諸国で唯一土着の民族サーミの固有の文化と密接に関係しています。サーミはフィンランド、ノルウェー、スウェーデンの北部やロシアの北東部に住んでいます。フィンランドのサーミ人口は約9,000人あまり。イナリ自治議会は、存続が危ぶまれているサーミの言語や文化の保存に取り組んでいます。


サーミの魔女の太鼓は、観光客に人気です。もともとこの太鼓は、祈とう師がヨイクと呼ばれるサーミの歌を歌いながら、霊と対話するトランス状態になるために使われていました。

サーミの故郷ともいえるイナリのフィンランド系サーミの博物館シーダ(Siida)は必見です。この傑出した、国際的にも評価の高い屋内・屋外型博物館は、現在と過去のあらゆるサーミ文化の側面やラップランドの珍しい環境を紹介しています。シーダの中にあるギフトショップや村にたくさんあるクラフトショップでは、自然の素材から作られた面白いデザインの製品や地元の食材、珍味がたくさん取り扱われています。


サーミ料理の食材は、トナカイ、魚、ベリー、猟の獲物、野鳥など、地元で取れた新鮮なものです。クリーミーなサーモンスープ、スモークやドライのトナカイ肉、ライチョウのソーセージ、ラップランド産ポテトやコケモモを添えたトナカイ肉のソテー、北極イワナのフライ、ラップランドブレッドやチーズのクラウドベリージャム添えをぜひご賞味あれ!


~以上~

さて、なみか母さん博物館好きでして…

このシーダ博物館は10ユーロで見応え満点!!

写真を追ってご紹介します


写真 4 (2)
これはくぐると幸せになるというオブジェ

博物館の前にあります

写真 5 (1)
さて
博物館の中へ!!

写真 4 (3)
写真家摩子先生

博物館を入ったところに記念に落書きできる石が置いてありました

早速皆で名前を書いて来ました

なみか「摩子先生!!これは!?」

摩子「摩子参上!!」

(ー_ー)!!

写真 1 (5)
世界を巡る保坂夫妻

写真 1 (6)
太陽の通り道 
冬でしょうか!?地平線ぎりぎりですね…

写真 2 (3)

写真 4 (1)
冬のラップランド
針葉樹林ですね…

写真 3 (7)
雪の結晶
芸術的な形です~

写真 4 (4)
サーミの小物は可愛いい柄の織物

写真 2 (4)
トナカイの皮などで作られた袋

写真 1 (7)
サーミの伝統的な幾何学模様のアクセサリー
これはすごくエネルギーを感じる形ですね!

写真 3 (6)
スプーン!?
細部の模様がとにかく可愛いい!!しかも神秘的というか宇宙的!!
写真 3 (9)
魔女の太鼓

これはインセンスアラビアンナイトで天使の光の軟膏を作るときにいつも仕上げに鳴らす太鼓なのです

トナカイの皮で作られています

日本では湿気が多時は少したるむのですが…(-_-;)

写真 2 (6)
ラップランドの鳥
眉みたいなのがついてて愛らしい

写真 2 (8)
熊のお母さんと赤ちゃん
写真 4 (6)
こ…これは?壁を登るのかな?

写真 1 (10)
お!!パクリカッパですかね!?
白樺に生えるキノコ 「精霊たちの恵みのお茶」です

写真 1 (8)
トナカイの傷の家系図

トナカイが誰の所有かわかるように耳に傷を入れるらしいのですが

家系によって傷をつける形が決まっているそうです

写真 4 (5)
トナカイのツノからいろんな物が作られます

~そして野外の展示上~
写真 3 (3)



写真 1 (9)
これはサウナ
写真 4 (8)
サウナから煙が出ている図

どうみても火事が起きて燃えている図に見えますね…(@_@;)



写真 3 (8)
木を切る道具

写真 4 (7)
ニ人一組で大きな木を切るのですね


写真 3 (10)
写真 2 (10)

写真 1 (12)
家の中はこんな感じ

写真 2 (11)
写真 1 (11)

写真 2 (9)
食料などがキツネなどの野生の動物に食べられなように高床式になっています

写真 4 (12)


写真 1 (13)
羊の小屋

オオカミなどから羊を守る小屋ですね


全てを見終えるのに1時間半~2時間(土産売り場も珍しいものがてんこ盛り♫)

楽しかったなぁ~…写真では1部しかご紹介出来ないですが

ぜひ、イナリに行く機会があればシーダ博物館は必見です



写真 4 (9)
さて次回は聖なる祈りの島ウッコ島のご紹介!!

お土産物売り場(船着き場)のクマ(^◇^)


~フィンランドコテージからの風景~

写真 1 (2)
夜中の2時くらい(写真で見るよい明るいです)

写真 1 (3)
そしてすぐに明るくなります(これも夜中)

~今日のおまけの1枚~

写真 (5)

ホテルイナリの前のスーパーで朝11時から売っているチキン!!

1度目はスーパーに買いに行ったのですが売り切れ(ToT)

その日、帰ったら保坂夫妻が買ってくださっていました

喜んで食べたら、これがまた美味しいのなんのって!!

味をしめ

これを買うために狙いを定めてスーパーに走ったなみか母さん!!

ようやくゲットでき、シーダ博物館前のお土産屋(船着き場)で

チキンを皆で食べる事ができました

イナリに行ったら絶対にまた食べたい1品です






DATE: 2014/07/21(月)   CATEGORY: フィンランド
白夜のフィンランド紀行その5~北極圏のイナリそこにはスナフキンもいた!?~
こんばんは、なみか母さんです



北極圏はラップランドのイナリ


北極圏と言うところがどんなところなのか

とても行きたいと思ったことがありました


そんな夢叶って今回北極圏ラップランドのイナリに行きました

ユレマーからヘルシンキに戻り((列車で1時間半)

ヴァンタ空港からイバロ空港まで約2時間
写真 1 (12)

写真 2 (13)
飛行機の待ち時間

そして、イバロ空港に到着

そこは確かにフィンランドなのですがユレマーとは、また違った感じでした

写真 (3)
イバロ空港


写真 4 (7)
と…トナカイさんの首が!?


緯度のせいか空が近くに感じました
写真 2 (14)



ユレマーよりも日が明るいのが長かったような気がします
写真 1 (13)
車でお迎え、イナリへGO!!

イバロ空港からイナリ向かう最中(約30分)車のなかから3匹もトナカイを発見!!
写真 (6)


ちなみにトナカイさんのアップはこんな感じ

夏なので毛の生え換わり時期みたいでまだらでした

写真 (5)


さすがフィンランド


サンタクロースの国!!

ここは冬はオーロラがとても美しく見えるそうです


冬は関西空港より、ロバニエミというところまで直行便があるので、そこからイナリにも向かえるようです



さて

今回、花ちゃんダーリンが釣りをするスポットへと連れて行ってきただきました

そこにあるバーベキュー設備でバーベキュー&摩子先生の指導の元 

寿司パーティ!!

仕込みはコテージで

写真 3 (3)
摩子先生はお寿司作りがとても上手なのです


写真 3 (13)


蜀咏悄+2+(17)_convert_20140721022922
キッピース!!(フィンランド語で乾杯)さくら嫁&なみか母さん

蜀咏悄+3+(14)_convert_20140721023007
けいこさん&摩子先生





川は流れが速くまるで龍が何頭も泳いでいるかのようなうねり
写真 2 (16)


そして皆でバーベキュー
写真 4 (10)
蜀咏悄+2+(18)_convert_20140721023524

写真 1 (17)


保坂旦那、なおのぶさんが魚釣りに挑戦!!

写真 (2)
釣れるかな!?

写真 1 (4)
やったー!!釣ったぞ!!のポーズ
写真 2 (3)
さて、焼こう!!

釣りたての焼き魚は絶品でした(*^_^*)




河原ではどこかから歌声が!!

なみか母さん現代版スナフキンに遭遇か!?

その男性はギターを弾いて河原で歌っていました

曲はフィンランドのオールドソングだと言っていました


蜀咏悄+1+(16)_convert_20140721022835
「あ!帰るのかい!?スナフキン!!」

と声をかけると

「帰るよ」と…

やっぱりスナフキンだったのか~

(@_@;)




何もかもが澄んでいて美しい場所イナリ

地球上には美しい場所がたくさんあるのですね

写真 1 (7)



~今日のオマケの1枚~

写真 2 (15)

サーモンがタップリのったオープンサンドイッチ

もう一度食べたい…
ホテルイナリで食べました(*^_^*)




DATE: 2014/07/17(木)   CATEGORY: フィンランド
白夜のフィンランド紀行その4~フィンランド素敵で小粋な想い出の食卓~
こんばんは、なみか母さんです

フィンランド紀行その4になりました

今日は、フィンランドでの食卓を少しご紹介




ここ数年なみか、母さんはフィンランドでお誕生日を迎えています

昨年はフィンランドのスオメリンナ(要塞)で1人でのんびり誕生日を迎えました

今年、7月3日はユレマーに滞在中でした

なんと、花らいおんちゃんが、皆に先に連絡を取り、バースデーパーティーを

コッソリ仕込んでくれていたのです!!

各国の皆様からプレゼントをいただき、そして
写真 (4)
ブラジル・南米・北欧・英国…素敵なプレゼントありがとうございます!!
写真 1 (11)
日本の皆様ありがとうございます

蜀咏悄+5+(1)_convert_20140718132642 - コピー - コピー
蜀咏悄+3+(3)_convert_20140718133345 - コピー - コピー


ゴージャスなケーキまで手作りでご用意してくださいました

蜀咏悄_convert_20140718130001
大きなイチゴのケーキ
写真 (3)

こんなに素敵なサプライズバースデーを迎えることができ

歳をとるのもよいもんだなぁ~

と思ったなみか母さんでした


一昨年は誕生日を忘れ

1つ年を取っていたことすら忘れていたなみか母さん(笑)


今年は歳をとったことを忘れませんよ~

一生の想い出です(*^_^*)



★そして、フィンランドでの食卓★

蜀咏悄+1_convert_20140718125126 - コピー


写真 (1)
摩子先生の手巻きずし

摩子先生はお寿司を作るのがとても上手です!

さくら嫁様の持参した日本のお米と

フィンランドの素材を使ったお寿司は絶品でした

写真 2 (3) - コピー
写真家 摩子先生

蜀咏悄+2+(6)_convert_20140718132754 - コピー
大きなフィンランドのサーモン!!

蜀咏悄+2+(4)_convert_20140718133245 - コピー
サーモンを切り分けるのは世界を巡るご夫妻の旦那様なおのぶさん

写真 1 (2)
フィンランド人のイイダとエジプト人のシェリフ

毎年お二人には美味しいお料理を作っていただいています

写真 1 (1)
ひよこ豆を使ったお料理
花らいおんちゃんもなみか母さんもこれが大好物!!
写真 3 - コピー
ご飯にかけるソースの種類がたくさんありどれも美味しい

デザートは!

写真 1 (3)
アラブでもおなじみデーツは女性に良い食べ物です(*^^*)
イイダもシェリフもおススメ


デーツはアラブでおなじみのなつめヤシの木の実です

日本ではおなじみ

おたふくソースの原料にもなっているんですって!!

そして、ドバイのT氏が切っているのは!?

写真 5
これはフィンランドで生えている野草!?

日本でいうズイキみたいな植物なのですが

酸味が効いててデザートにするとおいしい!!

焼いてアツアツにした上に

写真 2 - コピー
好きなだけすくってアイスクリームと食べます

町に売っていたケーキにも入っていたのはこれか!?


まだまだ紹介しきれないメニューもたくさんあります

食べるのに夢中過ぎて

ついつい写真を撮り忘れるお食事タイム…







~オマケの1枚~
蜀咏悄+1+(5)_convert_20140718133216
エッちゃんも撮影しながら大満足 奥はティモさん&マダムティナ夫妻


~インセンスアラビアンナイトよりお知らせ~

北の大地のはちみつ石鹸とミルク石鹸 大好評につき

残り数個となりました!!欲しい方はお早めに!!

写真 2 (12)
はちみつ石鹸はサイズが大きくなっていました

おやおや、ひもがついていますね…

写真 3 (8)
ココナツッミルクの石鹸お初です!!

そして!!

おまたせいたしました!!ようやく入手いたしました

写真 4 (6)
森の精霊達の恵みのお茶

大変貴重なため、次の入手は出来るのか!?(@_@;)

(今回レート換算の関係で、お値段が変更になっています)





DATE: 2014/07/15(火)   CATEGORY: フィンランド
白夜のフィンランド紀行その3~ねぇムーミン、フィンランドってサウナの国だね!~
こんばんは、なみか母さんです

フィンランドから帰国して倒れたなみか母さん

実は今日が病院の血液検査の結果の日

病院に行って来ました(すっかり元気なのですが)

そして、検査の結果

先生「血液が正常ですね…おかしいなぁ…普通はあれだけのタンパクと血尿だとどこか悪い数字がでるんですけどねぇ…」

なみか「倒れた時に検査しても、いつも血液が正常です」

先生「う~ん…尿検査も今日はタンパクが全く降りていないし…精密検査を勧めようかと思ったけど、これだけ正常ならしない方がよいですね。しんどくないですか?」


なみか「しんどくないし、元気です」

先生「じゃ、いいです」

(ー_ー)!!

とあっけなく帰されました

どんなにしんどくても血液がとても元気ななみか母さん

ふと、フランキンセンスか天地のつぶやき飴をいつも つまみ食いしてるからかな?

腰が痛い時に軟膏塗りまくったからかな…!?

と思ったり…

じゃあ いったいどうしてしんどいのか!?

浄化しきれないくらいの邪気にやられたのか…

しんどさの原因は分からずじまいでしたが

とても元気になりましたのでご報告を

心配くださった皆様 ありがとうございました!



さて、フィンランド紀行その3今宵はストーンサウナのお話

フィンランドは、どのご家庭にもサウナがついているといいます

フィンランドのお風呂はサウナとシャワー、これが一般的

私たちが泊まったコテージもとても広いサウナがついています

コテージのオーナーのティモ氏とマダムティナ

渡フィン中は、このお二人ともお食事を共にしたり、送迎をしてくださったりと

とてもお世話になりました

ユレマーでは、とても広いコテージに皆で宿泊し、皆で食事をします

とてもとても楽しいひと時なのです

今回、ティモ氏とマダムティナのストーンサウナがあり、そこに行くことになりました

写真 3 (7)
コテージから車で約15分くらい

写真 4 (4)
美しい森の中に到着

写真 3 (6)
ティモ氏とマダムティナ 素敵なご夫婦です

マダムティナのパンケーキを食べた後にストーンサウナに入りました

写真 3 (5)
マダムティナのおもてなし

写真 2 (10)
ジャムもホイップクリ―ムも手作り カフェオレも美味しい!

写真 4 (5)
ストーンサウナの中


白樺の葉っぱを束ねて

バシバシと身体をサウナの中でたたく

そうすると、天然の白樺のグリーンっぽい香りが立ち込め

まるで森林浴をしている気分!!

これがフィンランド流なのですね~♡

写真 2 (11)
束ねた白樺の葉

サウナは混浴なので私達は、水着を来てはいりましたが、フィンランドでは本来
裸で入るようです

写真 1 (10)

スペクトロライトの鉱山の持主エスコハマライネン氏こと

エッちゃんに白樺でバシバシたたいてもらいました

グリーンの香りの気持ち良さに

エッちゃん!もっとたたいて!!

と、なみか母さん(笑)


そんなこんなで、エッちゃんも楽しそう…


ティモ氏とマダムティナから、ストーンサウナをご家族で作ったと聞き

その素晴らしい出来栄えに驚きました



外に湖があり、サウナで熱くなれば湖に飛び込む

写真 2 (9)

でも、湖 結構冷たい…

なみか母さん心臓マッサージしながら入りました

写真 1 (9)

そしてサウナへまた入り…

繰り返しているうちに少し慣れてきました…と書きたいところですが

湖はやはり冷たかったです(@_@;)

こんな素敵な場所で素晴らしいサウナを体験でき

1日の疲れも吹っ飛び

とても良い思い出になりました




DATE: 2014/07/14(月)   CATEGORY: フィンランド
白夜のフィンランド紀行その2~まさかの緊急事態 ‼?さくら嫁デビュー!!~
こんばんは、なみか母さんです

さて、満月もやって来て

天使の光の軟膏フィンランドバージョンを楽しみに開封して塗ってみました

蜀咏悄_convert_20140714023904


ん~フィンランドっぽい!

なんと爽やかな軽やか感!!

そんな感想がまず真っ先に思い浮かんだのですが


次に来たのは全身のゾワゾワ感とクシャミ3連発


あ、浄化力すごい!!

(なみか母さん浄化で大きなくしゃみをします)


軟膏自体はマイルドなのに、パワーは強い


ということで、大満足な出来栄えでした


そして、今日のフィンランド紀行始まり~

今日はフィンランドに向かう最中とユレマーのショーを1部ご紹介します

フィンランドまで関西国際空港から約9時間半のフィンエアーでのフライト

そして、ヴァンタ空港に到着し、ヘルシンキ駅までバスで行く(約20~30分)

そこからユレマーまでは列車VRで行きます(フィンランドはJRでなくVRなのです)

写真 1 (1)
ヘルシンキからユレマーへ向かう花らいおんちゃん
写真 2 (3)
そしてなみか母さん

写真 2 (2)
集合しました南米・イギリス・フィンランド近隣国・ドバイ・ブラジル・日本より集合
写真 1 (3)
駅には美味しそうなフルーツが♡チェリーとイチゴは滞在中1度は食べます
写真 1 (4)
ユレマーへ向かう列車約1時間半 

世界を巡る保坂夫妻と写真家摩子先生


今回のブログの写真は2点摩子先生におかりしています、ありがとうございます!

フィンランドはスペクトロライトの郷ユレマーでの年に1回のミネラルショー

写真 (6)
ミネラルショー入口 ドバイのT氏


地元のお祭りっぽくて、とてもアットホームな感じで楽しいのです

ユレマーの元市長エスコハマライネン氏ことお馴染みエッちゃんが立ち上げたフェスティバルなのです
蜀咏悄+(9)_convert_20140714033050
真ん中がMr.エスコハマライネン氏

さて、ここで去年と今年は気功マッサージ&耳ツボストーンを私達は施術させていただきました

去年の評判で今年もお客様が沢山来てくださいました

蜀咏悄+(8)_convert_20140714023419
花らいおんちゃん&なみか母さん施術中


1日目


とてもヘビーなサイキックアタックを受け取ってしまい

花らいおんちゃん&なみか母さん

激しい腰痛で帰ってから動けなくなりました

そこにシェリフがヤマアラシの筆でサイキックアタック祓いをしてくれました

足裏を3点ヤマアラシの筆で突き

塩水を飲む(2杯)

そして、コリアンダーに邪気を吸い込ませ

遠くに行き、それを後ろに捨てる

帰って来るまで後ろを振り向いてはいけない


なみか母さんはコリアンダーを後ろに捨てた時に振り返ってしまい

(-_-;)

この儀式をもう一回最初から受けたのですが

塩水を計4杯飲むのはなかなか辛かったなぁ…



そして、寝る前にシェリフが祈りの岩塩を貸してくれました

それをひと舐めして枕下に入れて眠るようにと

すると!次の日スッキリ調子が良かったのです



この日お塩を舐めた私は助かったのですが

次の日サイキックアタックで出たものが戻って来たようて

花らいおんちゃんが立てず…

2日目の朝

さくら嫁と南米のO嬢と3人で朝早く起きて話をして盛り上がり

刻々と時間が経つが、花らいおんちゃんが起きて来ない

ん!?もしや!!

と2階の花らいおんちゃんの元に行くと

腰に邪気が再び入られたようで、立てず…


花「 母さん、無理です今日はすみませんがお願いします」

なみか 「え!?大丈夫?花ちゃん、とにかくシェリフ呼んで来る!!」

とシェリフを呼びに行き

シェリフが邪気払いをし、夕方には大丈夫になるから…と

え!?

ゆ、夕方…


そして、1人ではなみか母さんも無理だ…

通訳には南米O嬢がついてきてくださるから大丈夫として…


あ!


さくら嫁!!

(*´з`)

なみか「ヘルプお願いします。」

…というなみか母さんの突然の申し出に

( ゚Д゚)

驚く さくら嫁


さくら嫁は、本当に気が利いて動きも早いし直感力も良い!

そして、なんてったってなみか母さんをヒプノセラピーで過去世を見せてくれるという技術も持っている


彼女なら出来る!!

ということで、さくら嫁のフィンランドデビューがいきなり決定


蜀咏悄+(7)_convert_20140714023456
さくら嫁の突然のデビュー姿

2日目


そして、この日も無事に乗り切り

帰ったら素敵なストーンサウナに入れるのでがんばりました


ストーンサウナはまた後日のブログでご紹介します

花らいおんちゃんは夕方元気になり、ストーンサウナをご満喫

あ~よかった!!



3日間の今年のユレマーのミネラルショーも無事に完了!!

ご協力してくださった皆様に感謝です!!


~そしてオマケ~

シェリフとイイダにY様よりハンコのお土産を託されお渡ししました!!
securedownload.jpg
画数まできちんと選んでくださっていました

シェリフとイイダに説明を翻訳してお伝えしていただきました


2人はとても喜んでいました!!Y様によろしくとのことです(*^^)v


白夜のフィンランドはユレマーです
写真 3 (1)
夜10時 
写真 4
夜中0時夕暮れっぽい

ここから2時くらいまで夕方っぽいのですが、またすぐに明るくなります

ユレマーは空気も景色も美しい場所です


DATE: 2014/07/09(水)   CATEGORY: フィンランド
白夜のフィンランド紀行 その1 ~世界を巡る保坂夫妻とご一緒させていただきました~
こんばんはなみか母さんです

フィンランドから帰って来て
いきなり倒れて病院送りになりました

ご心配くださった皆様

ありがとうございます。もう大丈夫です!!

フィンランドの美味しい食事と夜な夜なの酒盛り!?に調子にのっていたら

腎臓さんがお疲れになっていたようです…

無理はいかん!…ですね(-_-;)


復活して軟膏の発送、張り切ってます

今回お申し込みいただいた方々へ満月までに届けたい!と思い

入金の有無に関わらず、とにかく発送しております

さて、お待たせいたしました

本日から

フィンランド紀行はじまります


写真 1 (7)
フィンランド北極圏は美しい白夜のイナリ

天使の光の軟膏作りは

花らいおんちゃんのブログで写真付きでご紹介してくださっていますので

そちらでお楽しみくださいませ(フィンランド爆笑早朝軟膏作りinユレマー)

なみか母さんも軟膏作りの花らいおんちゃんのブログ大笑いさせていただきました

何と言っても今回

フィンランドの美しい空気と大地のエネルギーの中

皆様のご協力により、いつもの百万倍!?くらいのスムーズさでテキパキと作業がすすみました


そして、軟膏作り最後のシェリフの祈り

素晴らしい仕上げの場面でした



さて、今日は、今回参加していただいた中の

保坂夫妻をご紹介します


写真 2 (7)
なおのぶさんとけいこさん

私はこのご夫妻の大ファンでブログDiario Di Golosiを読むのをとても楽しみにしています

お二人はご夫婦で世界を巡っています

トータル50ケ国以上行ったことがあるそうです



世界を巡るお二人は実は高校時代からの親友

高校時代に旦那さん なおのぶさんは、けいこさんに2度の恋の告白アタックに砕け散るという経験もあるという

どういういきさつで、こんなに仲の良いご夫婦になったのか!?

不思議でしかたなかったので

皆で突っ込んで聞いてみました



2度の告白に大破したにもかかわらず

なものぶさんとけいこさんは、仲が良く

いろんなことを、けいこさんに相談したりしていたそうです

もちろんこれまでお付き合いした人のこと含めけいこさんは全てを知っています

そんな中


ある日、なおのぶさんが酔って話の最中に電話で話している最中寝てしまったらしいのです

いきなり無言になり返答がなかったものだから

その以前に なおのぶさんが夜中に救急車で運ばれるという事件もあったので


何かあったのでは!!


と けいこさんは慌てて

当時自転車で数キロあるところをぶっ飛ばし夜中に助けに走ったそうです


なのぶさんが呼ばれて目覚めると、部屋の中に けいこさんが!!


鍵をかけているのに、どうしてここに!?


けいこさんはお風呂の小窓をぶち破り、なおのぶさんを助けようと部屋に入ったのでした


けいこさんはとても穏やかな方で、いつも冷静な面持ちで全くそんな窓をぶち破る様なイメージではない方なので


それを聞いたなみか母さんも花らいおんちゃんも皆で大爆笑!!


本当に!!???
(@_@;)



その時、なおのぶさんは、やっぱり俺にはこいつしかいない!!

と確信したそうです。

そして、けいこさんは

この人の本当の良さをわかってあげられるのは私しかいない…

と思ったそうです


そんな長期にわたるお二人の親友関係は恋人同士になり、夫婦になり

今は2人で世界を巡っています


旅行中には喧嘩はないの!?

と質問に

喧嘩というより話合いの方が多いですね…

と穏やかな けいこさん

なんでも2人で話し合い2人で乗り切る

とても素敵な関係のご夫婦です


こんなに理解のある奥さん素敵ですよね!


旦那さまの性格を見事に理解し、丸包みして全てを受け入れている姿に何より心の中で大喝采したなみか母さんでした


旦那さまのなおのぶさんの印象はとにかく熱くて真っ直ぐな心の方という印象があります

石の目利きなども鋭い直感力の持ち主です

さすがに世界中を巡って、いろんなものを見ているので、見る目が確かです


高校の教師をしていただけあって、話し方もとても理論的だけど難しくなくストレートです


ドバイで以前、お会いした時に話の中で印象的だったのは

俺は生徒に「夢は何だ?」と聞いて

「夢を叶えろ」というけれど

「じゃあ、俺は!?」…と思った

それで、俺は世界を周ろうと決心した…


という話をしていたのを思い出しました




今回、お二人が海外で盗難にあった際

カードも大半を失ったので

フィンランドで会うことが決まっていた、なみか母さんは

保坂夫妻のカードをなおのぶさんのお母さんからお預かりしてお届けすることに

その際、お母様から一緒に送っていただいたジャムをフィンランドで皆で食べました


なおのぶさんのご実家は山梨でフレンチのレストランを経営なさっていて、ジャムも全て手作り!!

どれもこれもフルーツが生きてて美味しいジャムでした


フィンランドのヨーグルトにジャムを入れて食べた美味しさは忘れることができません~


一度山梨のお店に行ってみたいなぁ…と思ったなみか母さんなのでありました


保坂夫妻とは今回、フィンランドのスペクトロライトの郷 ユレマー

北極圏ラップランドのイナリを一緒に巡り、ました

写真 3 (3)
くぐると幸せが訪れると言うSIIDA博物館(イナリ)の前にあるオブジェ
写真家の摩子先生がカシャット1枚撮影している姿

摩子先生のブログ「うみね娘の人生拾い喰い」面白いです


写真 4 (2)
SIIDA博物館の中にある石に記念の文字を書くコーナー



そして、ヘルシンキ空港にて

写真 4 (3)
写真 5 (3)
楽しかったです…名残惜しいお別れ場面


現在、ご夫妻はトルコに滞在中です




引き続き素敵な旅を!!


写真 1 (8)
フィンランドでお知り合いになった日本が大好きなフィンランド人のご夫妻と共に



そして、余談ではありますが

今回の旅で驚いた事…

なみか母さんが「あ、○○が無い!!」

と言えば

「これ使ってください…」

と けいこさんはすぐになんでも鞄から出してきてくれると言う

ドラえもんのポケットのようトランク…

中がどのようになっているのかを見せていただきました

けっこうコンパクトなのに何でも出てきます

美しく整頓して機能的です

さすが!!旅慣れています

なみか母さんのトランクと言えば…(;一_一)

今回使わなかったものも持って行ってたなぁ…

旅は身軽に!!ですね(*^_^*)

写真 2 (8)
ドラえもんポケットのようなトランクの中は!?

保坂ご夫妻にまた世界の何処かでお会いできますように!!
Copyright © なみか母さんの秘密のツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。