なみか母さんの秘密のツボ
アラブ魅惑のツボ探し
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/09/21(土)   CATEGORY: 未分類
香りの聖杯~ Chalice of Incense~
こんばんは、なみか母さんです

毎日ハードですが、充実しております

最近、素晴らしいものに出会う機会が多く

世の中にはすごく素敵なものが満載にあるんだなぁ…しみじみと思います。




とうとう完成です!!

Chalice of Incense 「香りの聖杯」



あなたの為だけになみか母さんが調合するオリジナルパフューム



世界にたった1つの香り。。。

蜀咏悄+(13)_convert_20130922031630



初回は

花らいおんちゃんフィンランド滞在中セッション付


花らいおんちゃんが今滞在する北の聖地イナリより、Skypをつないでセッションを行います。

イナリはフィンランドの北の方で、オーロラがとても美しく見えるところです。

冬はマイナス50度という気温にもなるくらい、極寒の地です。

とにかく美しい場所で、なみか母さんはぜひとも行ってみたいところの一つです。

その大地のエネルギーをセッションでお届けできる

花らいおんちゃんの

「幸運の渦を呼ぶ驚異のオーロラセッション!!」




花らいおんちゃんがやるなら、なみか母さんも何かしなくちゃ!…ということで、

今回は、なみか母さんがドバイのアフガン人から入手した

アフガンアンバー!!

をお付けいたします。

その方に合うアンバーをオーリングしてお付けいたしますね。


このアンバーは、イスラム教のミスバハという祈りの道具になるビーズなのです。

ミスバハはいろんな天然石で作られものがあります。

今回お付けするのは、聖なるアンバーです

しかも、なみか母さんがオ―リングでその人のエネルギーに合う

種類を選択。


数に限りがあります。限定10名様





香りの聖杯は音叉(おんさ)と水晶(今回はヒマラヤクル水晶)を使って

音の響きであなたのパフュームの香油を選び出すという画期的な手法で作られます。



そして、今回素晴らしいのもが登場!!


それは、ある国よりやってきた、エネルギーを集めるピラミッドとラウンドオブジェ!!
蜀咏悄+(17)_convert_20130922032145

蜀咏悄+(16)_convert_20130922033449



ある国のスピリチュアル系の方々がご自分たちの為に開発し

手作りで作ったエネルギーを集めるオブジェ。


実は、なみか母さん、このオブジェの知識を全く知らず…

これは良いかも!見てみたい!という直観ではじめはインドネシアの方と交渉し始めました。

2ケ月ほどかかって口説き落とし!?取り寄せた物をみてびっくり!!

すごい!!

とにかくすご過ぎ!!

何!?これ!?

ただものではないぞ!このエネルギー。。。。

その後、ある方から、オルゴナイトというものの存在を知りました。

そう、これがオルゴナイト

詳しくはまた後日説明いたしますが、オルゴナイトでも、これを作った作家さんは

エネルギーを読める人。

他の物とは一味違う秘密が隠されております。




今回はエネルギーをこのオルゴナイトのパワーをいただいて製作いたします。



それを使って香油のエネルギーを高めながらお作りいたします。


さて、楽しみです




~★★★~★★★~★★★~★★★~★★★~★★★~★★★~★★★~★★★~★★★


今回のパフューム製作、作業にかなりのエネルギーをつかいます。


1日にできる量が限られているので、大変込み合うことが予測されます。

お待たせする場合もございますので、ご了承くださいませ。


スポンサーサイト
DATE: 2013/09/17(火)   CATEGORY: 未分類
アブダビのモスク
こんばんは、なみか母さんです

夜もめっきり涼しくなってきましたね。花らいおんちゃんの渡フィンランドがまもなくです。

インセンスアラビアンナイトの新作「香の聖杯」に向けて準備が着々と進んでおります。



さて本日は、なみか母さんアブダビ行きのお話


アラブ首長国連邦のドバイから車で約1時間半。そこには首都アブダビがあります。

写真 (330)
ピサの斜塔をイメージした建物

写真 (332)



アブダビはとても独特な土地の気があります。

ここアブダビでなみか母さん大浄化がおきました。

これはなみか母さんの体質でもあるのですが、何らかの土地の気に対応して体内の浄化がおきます。

今回はとてもとても眠くなり爆睡したなみか母さん。

アブダビではリッツカールトンに宿泊。ベットの快適さもあり、ほとんど寝てばかり。
写真 (296)
フロント

写真 (297)
花もシャンデリアもゴージャス

写真 (300)
ピアノ生演奏



さすが5つ星ホテルだけあってサービス満点。
装飾もゴージャス。

写真 (303)
金の椅子

写真 (301)
金のテーブルも!


特に夜は外を散歩すると、壮大なリッツカールトンの建物がライティングされ、息を飲む様な美しさでした。

写真 (307)
外からのホテルプールのライティングが変化します

写真 (292)
洗面台が2つも!?

写真 (304)
プレイルーム(お祈りをする部屋)





そして、アブダビで訪れたモスク

モスクとは、イスラム教の礼拝堂のことです


写真 (310)
念願のモスク!!白が美しい

写真 (309)
とにかく広いです



シェイク・ザイード・グランドモスク

世界でも最大級のこのモスクとても芸術的でありアブダビの観光地です。

ここはイスラム教徒だけではなく非イスラム教徒の入場も認められておりアブダビの代表的な観光スポットです。

24金メッキのシャンデリア、約1000本の円柱、そして1本1本の糸を手で結んだ世界最大の手織りカーペット。


花やヤシの木やぶどうなどのモチーフがガラスやスワロフスキーや彫刻などで表現されている内部。



写真 (321)
繋ぎ目なしの1枚もの

写真 (322)
これを1本1本手で紡いだのかぁ…

写真 (323)
床は大理石

写真 (324)
窓も綺麗な模様


写真 (320)
コーランが書かれた本らしい…

写真 (314)
この風景素敵!!お気に入りです。

アラブに何度か訪れているのに、ドバイでも、オマーンでもモスクに行くタイミングが今までなかったのです。

初モスク!

何もかもが目の保養になりました。


モスクには、女性はアバヤと言う服を着て入ります。

髪の毛を出すと不浄とされていて、きちっと髪の毛を隠すのがマナー

写真 (318)
アバヤを着たなみか母さん

写真 (328)
服装のコード

写真 (329)

写真 (327)



この日の気温は45度

写真 (331)
暑いです…日に当たり続けると皮膚が暑いというより痛くなります。

暑さと気温もさることながら、モスク

のエネルギーの強さになみか母さん強いエネルギーを受けすぎてエネルギーあたり(-。-;

頭痛と体の芯からの暑さ。

なんと、これは帰国するまで続き、帰国後も体温が下がらない状態。

クーラーをガンガンにかけても体の表面は冷えるけれど、身体の芯が熱く、帰国後2~3日は燃えているような状態でした。



エネルギー満載なアブダビ、驚きでした。

浄化最中は、身体だけでなく感情の揺れもあり、ドバイに戻ってからも、大揺れ状態。

帰りの飛行機も爆睡‥

とにかく眠くて仕方ない。

そして関西空港に到着約2時間前に、頭痛は嘘のようにピタッと止まり、目もパチリと覚める。今度は体の暑さのみ。

熱射病も同時におきていたのかな???

何事が起きたのかはわからなかったけれど、こんな凄いエネルギーあたりは始めてでした。

アブダビに行く機会がありましたら是非モスク必見です!!



帰国後は、爆発的に大忙し

そんなこんなで充実した日々を送っております。



写真 (308)
良い思い出を下さった方に感謝。。。。。


DATE: 2013/09/10(火)   CATEGORY: 未分類
ドバイのワサビガール!?
こんばんはなみか母さんです

アラブ紀行第2夜ドバイ2日目は、みっちり香油の仕入れの続きしに、

スパイススークへGo!

スパイスす―く
多くのスパイスやアラブグッズが売っている市場
ミックスジュース
ミックスジュースこんなのです

ここでも香油をゲット。


そして、マディナスークに行きアフガニスタン人と会い、アンバーを手に入れる。

マでいなスーク
マディナスークの外はこんな優雅な感じ


今回はアフガン人のお父ちゃんの秘宝、アンティークアンバーを手に入れたのです。

そしてらなぜか金運が良くなるお代官様俵アンバーもゲット。



私達がお代官様と呼ぶ、金運バリバリな女性の方が、このアンバーを購入して

またマネーをバッチリ引き寄せた…という凄腕のアンバー。


それを聞いたなみか母さんも携帯のストラップにシッカリと付けております。


しかも、花らいおんちゃんもシッカリと確保しておりました。


日本からの指令!?で、またこのアンバーを手にいれて来て欲しいということで

うまく手にいれる事ができたので、持って帰ります。

写真 (123)
お昼はチョコロ―ル!甘い~

そして、夜はドバイに住むTちゃんにお食事に連れて行っていただきました。

「Tちゃん、と今日はどこに晩御飯いくの?」

T「ケンタッキーかマクドナルド」

と聞き、ドバイのファーストフード!!ヒャッホー(≧∇≦)

と喜んだなみか母さん。

しかし、実はTちゃんの冗談だったようで、到着したのは

新しくできた素晴らしく豪華なホテルの日本料理店!!

その名も「居酒屋」

写真 (115)
カリフォルニアロール

なんか凄いベタなネーミングなのですが、モダンでカッコ良い店内。


お値段も普通の居酒屋の倍以上ではないのか⁉

と思いつつも、ご馳走になってしまい大満足。


ここには、なんと!

ワサビをすりおろし、お皿に乗せてくれる、ワサビ専門のワサビガールがいる!

ワサビガールは、ワサビのような色のカツラをかぶっている。

まるで、アニメのキャラみたいなキュートなスタイル

ワサビガール


ワサビガール!!

と呼ぶとワサビを入れに来る。

ワサビはホンモノのワサビをすりおろしてくれる。



このワサビガール、オラクルカードをワサビ色の袋に入れて持っていて

カードを一枚引かせてれた。

なみか母さんの引いたカードは

「パワー」

力強くどこでも生きていけるということだそうだ(≧∇≦)

Tちゃんの引いたカードは

「アドベンチャー」

さすが、アラビアンアドベンチャーに勤めているだけのことはあるなぁ…思いながら

ワサビガールとても不思議ガールでした。


ちなみに、フィリピン人と中国人しかいないけど、日本料理店。

「Tちゃん、日本人はどこにいるの?」と聞くと

「多分中で調理してるのだろう…」

と答えが返って来た。

ほんまかいな???

そんなこんなで、ドバイの夜は更けていくのでした。。。

そして第3夜に続く
DATE: 2013/09/09(月)   CATEGORY: 未分類
アラブの香油とインド人スリー君
こんばんは、なみか母さんです

アラブはドバイ・アブダビに行って来ました。

今回は、香油道の為のアラブの香油を手に入れにいきました。

さて、アラブ紀行第1夜目…


ドバイ窓の外
ホテルの窓から見えた風景
部屋
今回のホテルはローズ レイハン バイ ロタナ ホテル



今日は今回の通訳にもなってくれた、インド人のスリーくんのお話


今回のドバイ行き、縁あってスリーくんというインド人とお友達になり、通訳をしてもらえることになりました。

香油のお店を紹介していただき、プライスダウンの交渉までも、至れり尽くせりなスリーくん。

彼は、自分自身の事を半分日本人だといいます。

日本が大好きです6年日本にすんでいました。

日本語がわかるので、スリーくんといる時はもちろん日本語。

日本語を話すのが大好きな彼は、よく喋る。


そして、私の事をサムライ見たいだと言う。

なんぇやねん!!と突っ込みたくなるところを、抑え、あえて、

「どうして、私がサムライなの?」
と尋ねると、

「なんか…そんな感じ」
としか返ってこなかった。

外人にしちゃ、あやふやなグレーゾーンの答えだなぁ…

なんだかスリーは日本人みたい(笑)と思う なみか母さん。



スリーくんとお昼に待ち合わせをして、ランチへ。


なみか
ドバイのカラマにあるインド人に人気のレストラン

すりー
スリー君

インド人のレストランへ。

ここはお客さんも従業員もオールインド人だらけ。

ドバイはインド人が多くて、カラマという地域は特にインド人だらけ。

カラマで1番人気のあるお店に行った。南のインドの料理のお店に連れていってもらった。

インドは、北と南では味が違うらしい。

スリーくんはインドの南出身。

彼は、36歳で独身。

心から日本の彼女が欲しくて、日本人と結婚して日本に住むのが夢らしい。

「本当にマジメな話。日本人と結婚したいんです。誰かいたら紹介して欲しい」

「心がけとく…」そう答えたなみか母さん。

だれか立候補がいればご一報を!!

スリーくんの成功を祈る!!




インド料理のこのお店は、さすがインド人、皆、さ右手てご飯を食べている。

私は、アラブで、インド人のお店にフラリと一人で入った事は何度かあるけれど、

インド人はスプーンを持って来てくれるので、まだ手で食べた事はなかった。

手で食べることに初挑戦!!

手でご飯をたべるのは、日本人にはとても抵抗があるけれど、

インドのお店では、スプーンを使って食べる方が違和感があるような雰囲気。

さすがに慣れていないので、手でご飯は食べにくい。しかし、皆器用に食べている。



カレーみたいなスープや、ヨーグルトソースをスパイシーなご飯⁉にかけて手で混ぜて食べる。

ご飯がスパイシーなので、指が逆剥けしてると、チョット痛い。


手で食べているとだんだんと慣れてる。左手は不浄な手とされているので、オール右手で食べる。

左利きにはチョットしんどい。


ランチの後パフュームショップへ香油を買いにGo!!

香油
インド人オーナー旦那さんも奥さんも美男美女!!


ショップは昼間は暑いのでお休み

朝10時から1時までと、夕方5時から12時までが、パフュームショップのオープンの時間。


5時からみっちり、11時まで、パフュームを選らぶ。

スリー君はインドの言葉と英語と日本語と少しアラブ語がしゃべれる。

今回通訳と値段交渉をしてくださり、なみか母さん大助かり!!

皆様に良い香油をお届けできます!!



そして、その後スリーくんの従兄弟カバちゃんと会い、

カバちゃんの車でディナーを食べに行った。

すりーとかばちゃん
カバちゃんとスリー君
かばちゃん
こんな食べ物が!!


インド料理のディナーを、また手で食べる。

手で食べるのもだんだんといたについてきた…

インドチャイ
食後のチャイ

インドコーヒー
インドのコーヒー

おこのみやき?
お好み焼きみたいなピザいたいな食べ物

ドバイ1日目はスリーくん大活躍で、なみか母さん半分インド人になった気分でご満悦でした

つづく…

Copyright © なみか母さんの秘密のツボ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。